昔、私がハイハイを始めたばかりぐらいの母の話です。
昼の12時に家の中の玄関から真っ直ぐにある部屋のちょうど玄関から直線になっている所を横切ると気分が悪くなり立ち止まったりしたそうです。
なので12時になるとそこは横切らないようにしてたそうです。
でも、12時になるとどうしても横切らないといけない理由ができたりしたそうです。
私と母で昼寝をしていると私が12時前に目を覚ましてハイハイをして外に出ようとしたそうです。母は半分寝ぼけて慌てて私を捕まえようとした時、ちょうど12時に直線にたってしまい金縛りにあったそうです。
そして、玄関からまっ黒焦げ?の人がほふく前進で直線をすごい勢いで通り抜けたそうです。
その後ぐらいにユタを家に呼んでお祓いとかをしてもらったそうです。
よく考えたら私の小さい頃のアルバムで家の柱にお札が貼られてたのはこのせいかなとと思います。
私は怖いものは好きだけど、幽霊は信じているわけではありません。
でも、私が住んでいる沖縄では昔地上戦で沢山の人が死んだのでその思いみたなものが形になったのかなと思ってしまいます。
ありがとうございました。

この怖い話はどうでしたか?

コメント

おちゃさんの投稿(2)

もっと見る

話題のキーワード

サクっと読める短編の怖い話

人気の怖い話をもっと見る
怖い話 怖い話アプリをダウンロード 怖い話アプリをダウンロード