以前、コピペで「ヤマノケ」を見た。

その話では娘からヤマノケがまだ落ちなくて途方に暮れる、と言う終わりだったと記憶している。

実は俺の妹にも、ヤマノケが憑いた。

しかしコピペと違う所がある。

それは、ヤマノケが落ちたと言う事だ。

今回はそれを書きたいと思う。コピペの人にも役に立てば幸いだ。

当時俺は大学生で二十歳、妹は中一で十三歳だった。

妹はよく俺に懐いていて、俺もそんな妹を可愛がっていた。

夏休みのある日、妹と二人でドライブに行こうという事になった。

俺は父の車の運転席で妹を助手席に乗せて、上機嫌だった。

妹は賑やかな方ではなく、いつも大人しい感じだったが、よく笑う可愛らしい子だった。

そんな妹は助手席で珍しくはしゃぎながら、

「どこ行こっか! どこ行こっか!」

と笑っていた。

特に行き先を決めてなかった俺は、

「どこ行こっかな~」

と妹に笑いかけながら適当に走らせていた。

十八時くらいに出発し、海があれば車を止め、波打ち際で妹が裸足で遊ぶのを見守ったり、ちょっと一緒に遊んだりした。

それに疲れた俺たちは車に戻り、適当に走らせ、コンビニを見つけた俺は妹を待たせて車から降り、おにぎり四個とペットボトルのお茶二本を買って車に戻った。

妹におにぎりとお茶を渡すと、嬉しそうにおにぎりを頬張り、

「楽しかったね」

と笑った。

俺もおにぎりを食べながら家に向かって走らせていると、妹が突然、

「止まって! 止まって!」

と言った。

俺たち以外車はいなかったので停めると、

「あそこから帰ろうよ」

妹の指差す先を見ると、森みたいな所への入り口が、ぽっかりと口を開けていた。

俺は怖かったので、

「やだよ。何か居たらどうすんの?」

「楽しそうじゃん、肝試し肝試し!」

結局、駄々をこねる妹に敵わず、そこに入った。

しばらく走るが、うっそうと繁った木々しか無い。

しかも舗装されてない獣道を走っている為、車は終始揺れていた。

隣の妹を見ると、眠そうな顔でぼんやりと窓の外を眺めている。

そろそろUターンして帰ろうと考えていると、フロントガラスに何かが思い切りぶつかった。

ガツンッ!

「きゃあ!」

「うおっ」

咄嗟に急ブレーキを掛ける。妹は押し殺した声で

「何!? 今の何!?」

と、しきりに言っていた。

「ちょっと待ってろ。見てくるから。」

俺は恐る恐る車

この怖い話はどうでしたか?

コメント(9)

数日で妊娠なんてわかんないよ?? 受精から着床までに7日くらいかからなかったっけ??

キショッ!!

ヤマノケってそんなド変態妖怪なんか

どこぞの馬の骨とも知らん奴とヤらせるぐらいなら、俺に任せてくれればよかったのに。

ヤマノケって変態なんだね…精神的に怖かった 都市伝説は結構好きだから、ありがとうございました

しかし、都合良く寺があったもんだね

キショッ!!

で、赤ん坊は?最後までちゃんと作れ

祓えたけど、結果そうなってしまったんか ヤマノケほんまにタチ悪いな。 あんたは強く生きーよ。

でんがなまんがなさんの投稿(69)

もっと見る

話題のキーワード

サクっと読める短編の怖い話

人気の怖い話をもっと見る
怖い話 怖い話アプリをダウンロード 怖い話アプリをダウンロード