1999年12月、栃木県のある山林で男性の異様な遺体が発見された。
 解剖の結果、絞殺されていた。異様と言ったのは、遺体表皮の約80%強が重度(三度)の火傷で覆われていたことである。さらに陰毛は剃られ、陰茎の先端にまで重度の火傷は及んでいた。肝細胞は一部変質し、あきらかに循環器不全の症状を呈していたという。
 調査の結果、被害者は日産自動車栃木工場に勤めていたZさん(当時19歳)であることが判明する。
 彼がリンチを受け殺害されるまでの2ヶ月間に、Zさんの両親は16回も警察に「息子が犯罪に巻き込まれた可能性がある」と訴えていた。
 にも関わらずの、この結果であった。

 被害者にこれほどまでの凄惨なリンチをくわえたのは、被害者少年の中学時代の同級生3人である。
 なお主犯Aの父親は栃木県警所属の警部補であり、このことは長くマスコミからの批判を浴びた。
 黒木昭雄著『栃木リンチ殺人事件』では、主犯A、準主犯B、Cのことをこう書きあらわしている。「A=狡猾な小心者」、「B=甘やかされたお坊ちゃん」、「C=付和雷同タイプ」。なお主犯Aもややエキセントリックな母親と、祖母にべったり甘やかされて育ったようである。
 もともとはB、CともにAに搾取される側であり、背後にヤクザがいることを匂わせるAに逆らえず言うなりに消費者金融で金を借りて渡していたのだ。しかしCが同じ職場で同級生のZさんを「身代わりのいけにえ」に差し出したことで、彼ら3人は一瞬にして共犯者となった。
 ちなみにCがZさんを選んだ理由は、ただ
「まじめそうで、おとなしかったから……」
 だけだという。
 1999年9月、Cの呼び出しに応じたZさんは「ヤクザの車にぶつけてしまい、修理代を要求された。金を貸してくれ」というCの嘘を信じ、預金をおろして彼に渡した。死後、Zさんの友人が口を揃えて証言したところによると、
「人に頼まれるといやとは言えないお人よし」
「自分よりいつも他人優先し、金にまったく執着のない、虫一匹殺せない男だった」
 そうだ。Zさんは同僚Cの窮状をほうっておけなかったのだろう。
 主犯Aは一目でZさんの資質を見抜き「いいカモ」、「いい金づる」であると判断した。そしてZさんはこれから、2ヶ月半にもわたって彼らに連れまわされることとなるのである。主犯Aは会ったその日のうちに「俺は美容師だ」などと言ってZさんの髪をめちゃくちゃに切り、しまいには3人が

この怖い話はどうでしたか?

コメント(15)

文章に誤りがあります。 犯人は被害者と中学時代の同級生だったというのは明らかな間違いです。 犯人たちが中学時代の同級生であるのは間違いありませんが、被害者はそのうちのひとりと仕事先のロッカーが隣だっただけです。

こんなこと言っちゃなんだけど( °_° ) 同じ目に合わせてやればいい

刑務所の中とはいえこの世にいると思うと虫唾が走る

本当に虫唾が走る事件だし、犯人にも同じ事を!って言ってる人達も怖い 自分の家族がこんな事されたら同じ事言いたい気持ちは分かるけど、アフリカの私刑とか見てると目には目をは一般人の人間性が壊れる

Zさんを身代わりに差し出した Cの刑が軽い軽い Aは、勿論全員死刑に値する程の 罪だと思う 今の裁判員制度で、私が選出されたら確実に全員死刑にする でないと、Zさんや家族が余りにも 可哀想過過ぎる  この話の様に、いつ誰が被害者に なるか解らないから・・・・・・

警察も自分の子供可愛いかもしれないけど、 物事の良い悪いが判断出来る人間で 犯罪者なんだから、可愛いって思うなら罪をちゃんと償わせるべきだし、 子供の罪を親も一緒に背負って行かないといけないと思うのだが? 本当に、警察組織もマスコミも腐ってるね、 Bの母親もキチだし… Zさん御本人とお母様、どうか安らかに、そして次もし生まれ変われるなら、こんな酷い事がない、素敵な人生を歩めますように。

この手記を読むことで皆の怒りが怨念になり きっと、犯人は倍化した苦行を受けるのですね

女子高生、監禁事件も犯人が生きてる世の中の理不尽さを感じる

俺 今、調度 栃木県の石橋の近くに住んでるわ。 最悪の警察署だな。 栃木県の交通マナーの悪さは、こういったところに付随するのかもね…

でんがなまんがなさんの投稿(69)

もっと見る

話題のキーワード

サクっと読める短編の怖い話

人気の怖い話をもっと見る
怖い話 怖い話アプリをダウンロード 怖い話アプリをダウンロード