に襲われた」って考えが支配してて、パニクってリビングに逃げました。

しかし誰もいないし、なんか夕食の焼肉のせいか、焦げたにおいが浮遊している。

しかも、新年早々にリビングであった奇怪な出来事を思い出し、またもや眠れぬ夜を過ごしました。

そして2月の初め頃になると、体が異常に痒くなってきました。

最初は単なる乾燥肌と思ってましたが、背中と頭が特に焼けるような感覚を覚え、ボリボリ掻きむしっていました。

痒みは一向に良くならず、皮膚科に行って塗り薬をもらい、風呂上りに薬を塗ろうとすると、弟が

「塗らせて」

と懇願するので背中を突き出してやると、何を思ったかバチーンと背中に張り手をくらわしたので、痛さのあまり

「ふざけんな!!」

ってな感じで怒りました。

俺の怒鳴り声で必ず泣く弟なので、見る見るうちに目に涙をためて、あぁ……泣くぞ泣くぞと思ってると、声も立てずに涙をポロポロ流します。

変なことに、どんどん顔は色味を失ったような感じになって、ついには、無表情で涙を流すだけ、といった感じでした……

めっちゃ気持ち悪くて、両親のほうを見たら、これまた両親も無表情で涙を流してます。

もう完全に放心状態……

よく見ると口元が微妙に動いているのですが、何を言っているのか分かりません。

「ぁ…………ぃ」

聞き取れて、この程度でした。

その瞬間、自分の周りの景色が真っ赤になり、徐々に色あせてセピア色になって、意識が……なくなる……と思ったら、いきなり周りの景色が一変してました。

どっかで見覚えあるような……

と思ったら、従兄弟の家でした。

深刻そうに叔父が俺の顔を見ています。

「え……何でここにいんの?」

全然事態が飲み込めません。

そのうちぞろぞろと、周りの人たちが集まってきました。

最初は、今までのは全部夢だったのか?と自分で推測してましたが、叔父の家にいる経緯が全く分からないし、なぜか祖父母もいるし、あちこち包帯だらけで、完全にパニック……

「記憶がないなら、ないほうがいいんじゃないか?」

とか祖父が言ってたのですが、叔父は、

「こいつには、何があったか話しておかんとならん。まだ犯人も捕まってないし、一週間後にまた警察の人が来るだろう」

ってな具合で、叔父から全貌を聞いた。

僕の家は、一月一日に何者かの放火にあって全焼したようです。

僕はたまたまコンビニに行っていたので、

この怖い話はどうでしたか?

コメント(3)

悲しい。。。

コピペは たいてい知ってる話しが多い

捕まってほしいなら行動しなさい。 ここで書く内容でもないし。

でんがなまんがなさんの投稿(69)

もっと見る

話題のキーワード

サクっと読める短編の怖い話

人気の怖い話をもっと見る
怖い話 怖い話アプリをダウンロード 怖い話アプリをダウンロード