これは、私が小学生の時に体験した話です。
私の記憶にある中で一番最初に体験した怖い体験ですが、他の人の話に比べたらそんなに怖くないかも…?

19時〜20時までの間に放送してる某アニメを観ていた私は、CMの間に1度横になり、そろそろCMが終わるであろう時に体を起こした。
すると、TVの前を右から左へスーッと赤いワンピースの髪が背中ほどまで長い女の人が通り、壁に消えていった。
呆気にとられ、通り過ぎるまで見ていた私。
妹か?いやいや、妹は台所で弟と遊んでるし、お母さんか?いやいや、お母さんは外で水やりをしてる。
まず、生身の人間が壁を通り抜けられるわけがない!!!
庭から家に入ってきた母に、半泣きでそのことを伝えた私ですが話しながら、もしやあれはお婆ちゃん?とも思いました。
実は、父が子供の頃に亡くなった祖母(父の母)にはお気に入りの赤いワンピースがあり、よくそのワンピースを着ていたと聞いたことがあったのです。
母にもその話をし、きっとお婆ちゃんだねって話でその時は終わりました。

一番怖かったのはその数年後。

高校生ぐらいの時、何かの話の流れで赤いワンピースの女の人の話が出ました。
父に、「お婆ちゃんは赤いワンピースがお気に入りだったんだよね?」と何気なく確認したら、「え?違うよ。確かにお気に入りのワンピースはあったけど、赤ではなかった。」と。
え?え?え!?でも前に赤いワンピースって言ってたよね!?と聞くと、「あー、赤というかオレンジかな?」とのこと。
でも私が見たのは、真っ赤なワンピース。
オレンジと見間違えるような感じではありませんでした。
じゃああの女の人は、誰…?

その女の人を見たのはその時だけですが、ずっと祖母だと思っていた分、事実を知った時が一番怖かったです。

この怖い話はどうでしたか?

コメント(1)

違う人だったんですね

まやかさんの投稿(2)

もっと見る

話題のキーワード

サクっと読める短編の怖い話

人気の怖い話をもっと見る
怖い話 怖い話アプリをダウンロード 怖い話アプリをダウンロード