全く怖くないと思いますが霊感も何もない私が体験した不思議な話です。
私のひいおじいちゃんはとても優しくて家族や親戚みんなひいおじいちゃんが大好きでしたがひいおばあちゃんはとても嫌われていました。
ひいおばあちゃんはすぐ理不尽なことで怒ったりいたずらをしたりするのが大好きだったらしいので嫌われても仕方がなかったそうです。
その中でもひいおばあちゃんは特にひいおじいちゃんに厳しくしていたらしいです。
でも私が産まれる前からひいおばあちゃんは少しボケていたらしくそのせいか優しい人になっていたので私はひいおばあちゃんのことは好きでした。
そんなある日、ひいおじいちゃんが老衰で亡くなりました。
みんなとても悲しみ、お通夜の席でも泣きながらひいおじいちゃんとの思い出を話していましたがだんだんひいおばあちゃんの悪口に変わっていきました。
「あんなのと結婚してしまって可哀想」だとか、「ひいおじいちゃんはストレスで死んだんじゃないか」とか言いたい放題でした。
でも確かにその話を聞いているとひいおばあちゃんは確かにひいおじいちゃんに厳し過ぎたんだろうなと思いました。
夜の11時頃になり、次の日はお葬式も控えていたので私たち家族は家に帰ることになりました。
そのときに一番ひいおばあちゃんの悪口を言っていた親戚のEおじさんもお酒をかなり飲んでいたので一緒に車に乗せて帰ることになりました。
そのEおじさんは助手席に座っていましたがいきなり後ろに座っていた私や私の弟の方を舌打ちをしながら振り返り
「何すんだこら!」
と怒ってきました。
意味がわからなかったので「何が?」と言うと
「頭叩いただろ!」
と言ってきました。
私たちは酔っ払ってんだなと思って無視していましたが何度か振り返って「やめろ」と言ってきたのでいい加減に運転をしていたお母さんもEおじさんに「うるさい」と怒っていました。
その夜、夢の中にひいおじいちゃんが出てきて私に
「ひいおばあちゃんの悪口を言う奴がいたら怒ってほしい」
と言ってきました。
私は夢の中で「わかった」とだけ返していました。
次の日のお葬式のとき、Eおじさんが私たち兄弟に「昨日は酔っ払っててな、悪かったね」と謝ってきました。
後から聞いた話ですがEおじさんは夢の中でひいおじいちゃんに「Y(私)とT(弟)は何もしてない。あれは俺がやった。おばあちゃんを悪く言うんじゃない」と叱られたそうです。
それから7年経った今年

この怖い話はどうでしたか?

コメント(5)

いい話。良かった

よくわかんない、お涙頂戴なはなしですね。

匿名さん、読解力ないの?心?

温まるお話しでした。

ええ話や。

よしのさんの投稿(9)

もっと見る

話題のキーワード

サクっと読める短編の怖い話

人気の怖い話をもっと見る
怖い話 怖い話アプリをダウンロード 怖い話アプリをダウンロード