1968年5月、イングランド北部の都市、ニューカッスルでの出来事である。

スラム街にある空き家で、子供の死体が発見された。被害者はマーティン・ブラウンという4歳の男の子で、遺体の周辺には錠剤が散らばっていた。
警察は当初、薬の誤飲が死因ではないかと考えた。検死の結果、脳に僅かな出血がある以外は問題がなく、考えられる唯一の死因は窒息だが、首には圧痕がなく絞殺の線も否定された。
マーティンはその日、午後3時15分頃に駄菓子屋で飴を買い、叔母の家にあがってパンを食べた。外に出たのは3時20分頃である。そして、3時30分には遺体となって見つかった。この間に死んでしまったということになる。

謎はまったく解けず、警察は頭を抱えた。医師はひきつけの発作のせいだろうと判断し、マーティンは自然死として片付けられることになる――。

― 異常な少女の行動 ―
当時、この周辺を遊びまわる子供達の中に、メアリー・ベルとノーマ・ベルという少女がいた。姓は同じだが親類ではない。メアリーはノーマより2歳年下だったが、傍目にもノーマはメアリーに従属しているように見えたという。

マーティンが謎の死を遂げた翌日は、メアリーの11歳の誕生日だった。メアリーはノーマの妹を「お誕生日カードをくれなかった」となじり、首を絞めようとした。悲鳴を聞いて駆けつけたノーマの父親が、メアリーの手を払い除けた。以来、ノーマの妹はメアリーと遊ばなくなった。

その夜、近所の保育園に何者かが押し入り、器物を壊して立ち去った。床には4枚の紙片が落ちており、
「わたしたちが ころした。マーティン・ブラウンを。くそったれ。」などと書かれていた。

その4日後、メアリーは悲しみに沈むブラウン家を訪れ、「マーティンに会わせて」と言った。母親は、「ありがとう。でもマーティンはもういないのよ。」と答えた。そしてメアリーは、少女とは思えない恐ろしい発言をした。
「知ってるわ。お棺に入ってるマーティンが見たいのよ。」とニヤニヤ笑ったのだ。

― 2人目の殺人 ―
2ヶ月後、再び殺人事件が起こる。同地区の、ブライアン・ハウという3歳の男の子が行方不明になり、捜索中、メアリーは示唆するようにおかしなことを言った。
「ブライアンは、あそこのコンクリートブロックの間で遊んでいるかも知れないわ」
そしてその言葉通り、ブライアンの死体はまさにコンクリートブロックの間で見つかった。首に小さな掻き傷

この怖い話はどうでしたか?

コメント(1)

この事件、テレビでも特集があったけれど、なんでメアリーの母親は何の罰も受けないのだろうね? 今も、世界中で幼児虐待が行われて居るにも関わらず、親が逮捕されるケースは極々一部だと言う。 少子化がどうとかの以前の問題だと思う。

ぷろむさんの投稿(4)

もっと見る

話題のキーワード

サクっと読める短編の怖い話

人気の怖い話をもっと見る
怖い話 怖い話アプリをダウンロード 怖い話アプリをダウンロード