あれは、小学3年生の時でした。
その日は珍しく、皆よりも遅く給食を食べ終え、友達の待つ運動場へと向かうべく
急いで昇降口へ走りました。
昇降口へと近付くにつれ、いつもの皆がワーワーと騒ぐ楽しそうな声が大きくなっていきます。
廊下も、楽しそうな先生と児童の声でいっぱいです。
でも、おかしいんです。
声は聞こえるのに、外も中も人が通らない。
右を見ても、左を見ても、誰も通らない。
私は気味が悪いと思い、手に持っていた靴を急いではき運動場へと出ようとしました。
そこで私は立ち止まった。
目の前が運動場ではなく、森になっていたから。
後ろを振り返っても、360度見渡してもソコは深い森の中でした。
「なんで」そう言って前を向くと
数メートル先には先程まで無かった古い大きな井戸。
私は後退りした、嫌な汗がダラダラと流れていく。
瞬きをしたら、井戸からびしょ濡れの女の人が出てきていた。
その服装は今でも明確に覚えています。
結われているが乱れている黒髪に白装束。
まるで江戸時代の女の人みたいで。
その人は瞬きをする度に近付いてくる。
でも怖くて何度も何度も瞬きをしてしまう。
その人がもう目の前にきている。
顔は見えないけど、雰囲気が違う。
青白い手が、伸びてきた。
『もう駄目だ、助けて…!』
そう思い固く目を瞑った。

そしたら聞こえてくる皆の笑い声。
ハッとして左右を見たら、遊んでいる子と廊下を走りながら通る子達。
戻って来れたんだ、でもココは危ない。
動かなかった足を頑張って前へと出して私は走って外に出た。

この怖い話はどうでしたか?

コメント(2)

白昼夢ですね。前日にでも、江戸時代を舞台にした怪談物のテレビ番組などを見ていたのかな?

へぇー

箕智さんの投稿

話題のキーワード

サクっと読める短編の怖い話

人気の怖い話をもっと見る
怖い話 怖い話アプリをダウンロード 怖い話アプリをダウンロード