今から約12年前の冬、高校の部活帰りの道での出来事でした。


他の部活メンバーはバスで帰ったのですが、その日の私は、どうしても歩いて帰りたい気持ちにとらわれ、メンバーと別れ、ひとり、家への道を歩いていました。

帰り道の途中には墓地があります。
小さい頃から、

「御先祖様方のお家だよ~。ずうっと、あなた達を見守ってくれてるんだよ~。」

と教えられて来たので、私にとってはとてもありがたい場所でした。
日が落ちて暗くなると不気味な場所になりますが……(笑)


その墓地半ば辺りまでくると、

「ぽつ……ぽつ……」

と雨が降り始めました。
鞄から常に持ち歩いている折りたたみ傘を取り出し、広げようとした時、

「コッ 、コッ……」

とハイヒールで歩いてるような音が聞こえました。
私は

「本格的に降り始めたかな?」

と思い、急いで傘を被り、墓地を抜けようと急ぎ足で歩きました。

もうすぐで墓地を抜けようという場所に来た時、また

「コッ……コッ……」

先程聞いた音と同じ音……
と同時に、近くにあったカーブミラーに、私の姿と私の後ろ……およそ10m辺りを赤い傘とロングコート、ハイヒールを履いた女性が歩いていました。
(カーブミラーって、雨が降ってる時にはおおよその形と色しか映らないんですが、その女性の姿は何故かハッキリと映し出されていました)

「この時間に、この道を通る人、私以外にもいるんだなぁ……」

そう思い、振り返ってみると……
誰もいない……

(周りは全て、お墓なんです!私の後ろ側は特に!)

「……小道にでも入ったんだろう!(汗)」

無理矢理そう思い込み、私はまた歩きだしました。

墓地を抜け、住宅街につき、しばらく歩いているとバス亭近くに着いた所でふと、上を見ると
(なぜか曲がり角でもないところにカーブミラーがある(笑))

先程の墓地で鏡越しで見かけた女性が5m程後ろにいました。

私は少し怖くなり、家までの道をもうダッシュ!
その間、ずっと女性の

「コッ……コッ……コッ……」

という音が周りに響いていました。
(少なくとも、私には聞こえていました。)

ようやく家に着き、鍵を開け、扉を閉める。
母に

「どうしたの?そんなに息きらして……あ、洗濯物出すなら、夜のカン(冷たい風)で乾かすから回してきてー」

と言われ、

「えぇー!?……こっちはそれどころじゃなかったのに……」

この怖い話はどうでしたか?

コメント(11)

怖い話にはよく恐ろしい姿で登場する霊が出てきて悪意のあるように今までは思っていましたが、全てがそういうわけじゃないんだなと思いました。 何かを伝えるために色んな姿で現れているのかもですね。 良い話でした。

めっちゃいい話だった

霊って、普通の人間のような見た目で、生きているのと違うとこって雰囲気くらいだから… お疲れ様でした!

どういう心境で彼女が追いかけてたのかはわからないけど、心根のいい優しい人だったんだな、と心がじんとなった 真実を投稿者さんが知ることになったのも巡り合わせだと思うし、これからの人生への教訓というか、餞だったのかとも思う

いい話ですね、そして良い霊でよかったですね‥!

もえさんへ つけられてる間、ずっと生きてる人だと思っていたので、霊だとわかった瞬間に少し安心しました(笑)

どこか怖いですか。

ええ話や

実体験なのか!超怖い

soraさんの投稿

話題のキーワード

サクっと読める短編の怖い話

人気の怖い話をもっと見る
怖い話 怖い話アプリをダウンロード 怖い話アプリをダウンロード