これは、友人の家で体験した話です。

決してほら話じゃないんです。

友達と出掛ける約束をした私は、女友達2人と、●●くんの家に行きました。

ですがまだ準備ができていなかったので、外で待っていて、と言われました。
そして、電柱に寄りかかって、友人の家を見ていました。

カーテンや、屋根、壁を見てボーッとしていました。

すると、窓になにかがぼわあんってかんじで浮かび上がってきたんです。

女友達の2人もそれに気づいたようで、食いつくように窓を見ていました。

「ねえ、なにあれ…?」

「●●ちゃん、見て――。」

みんなで大騒ぎになりました。とっさに動画や写真を撮りまくりました。

そして15分くらい、ずっと顔が窓から私たちをみていました。

男か女かは解りませんでした。でも、とても変な形をしていました。

まがった顎、異常に垂れた目、横に長い口などが不気味に無表情な顔を

こちらに向けてきていて15分くらい。

だんだんと顔は消えていきました。

なんだったのだろう?

それから少したち、友人が家から出てきました。

「ごめん、ちょっと遅くなった。」

にこっと申し訳なさそうに笑う友人に、さっきのことを

すべて打ち明けました。

でも友人は、

「そんなの反射じゃない?」

といっています。

申し訳ないですが、あのような顔の方はいるのでしょうか?

大体、あんなに口が長く、顎がまがった方はいないと思います。

ダウン病の人は友人の家の近くにはいませんし…

これは、なんだったのでしょう。

あとからとった写真を見ましたが、運悪く撮れていませんでした。

とても怖かったです。

この怖い話はどうでしたか?

コメント(1)

生前辛いことがあったのでしょう。 楽しそうにしてたから気になったんでしょう。

小悪魔さんの投稿

話題のキーワード

サクっと読める短編の怖い話

人気の怖い話をもっと見る
怖い話 怖い話アプリをダウンロード 怖い話アプリをダウンロード