俺は昔、24時間営業の喫茶店でバイトしいてたんだが、その店では本当にいろんな事があったんだ。
数え切れないくらいの……その中でも特に、店の常連客でもある、通称メロンちゃん(バイト仲間が勝手につけたあだ名)という女の子が絡むと、本当に怖い体験をする事が多々あった。
今からその一部を話したいと思う。良ければ最後まで付き合ってくれ。

あれは、蒸し暑さが一挙に霧散するような豪快な雨が降る夜だった。

途切れることなく落ちてくる雨に、俺は深いため息をついた。

暇、ではない。こんな大雨が降ると、決まって店は避難所と化す。

「すみませーん」

「あ、はい」

「注文いいですか?」

「はい、少々お待ちを」

「ね~サンドイッチまだ~?」

「はいただいま」

「トイレどっち~?」

「そこを突き当たって右です」

と、まあこんな感じだ。しかも深夜帯は2オペ。深夜だというの昼間なみの忙しさだ。
ため息の一つや二つ、出るのは当たり前。

「メロンソーダ……」

俺の背後から、聞きなれた声が上がった。

振り返ると、そこにはゆるふわな髪をし、ヘッドフォンを首にぶら下げた、一人の少女が立っていた。

この店の常連客だ。いつも決まった時間、決まった席につき、必ずメロンソーダを注文する謎の美少女。
メロンソーダばかり注文するので、バイト仲間の間では、通称メロンちゃんと呼ばれている。

「はい……少々お待ちを」

正直に言う。俺はメロンちゃんが苦手だ。なぜかって?

メロンちゃんはいわゆる見える人で、関わるとろくでもない事が多いからだ。
そのせいで俺はこの店で何度も怖い目にあってきた。

が、それはそれ、メロンちゃんは客だ。

俺の采配で無視を決め込むわけにはいかない。

俺はしぶしぶ返事を返すと、厨房でメロンソーダを受け取り、メロンちゃんがいるテーブルへと向った。

ふと、テーブルの仕切りの向こう側に、何かが動くのが見えた。

子供だ。正確には、仕切りから見える、子供の頭。

子供?客に子供連れなんていたか?いや、記憶に無い。

軽く頭を傾げ、俺は子供の頭を目で追った。すすすっと、頭が動く。髪の長さからして女の子のようだが……気になる。俺はメロンソーダを一旦カウンターに置くと、窓側の席に回りこんだ。
丁度子供の進む前方に回りこむ。が、

通路側に座っていた男性客が立ち上がり、こちらに向ってきた。しかも縦にも横にもでかい。
無駄にで

この怖い話はどうでしたか?

コメント(4)

怖くって鳥肌がたちました。夏の暑い夜には、ピッタリ

シンプルなのに面白い。メロン可愛い

シリーズ化しつつありますなw 出来たらまとめて小説サイトに書いてほしいです~

良ければ深夜喫茶「見えない交渉」も合わせて読まれてください。

コオリノさんの投稿

話題のキーワード

サクっと読める短編の怖い話

人気の怖い話をもっと見る
怖い話 怖い話アプリをダウンロード 怖い話アプリをダウンロード