*この日の前半も不思議なことがありました。そちらは「ある男性芸能人にまつわる話 序章」をご覧ください。


これは、実在の男性芸能人(芸人さん)にまつわる不可解な話です。

名前をAさんとしますね。
*ちなみに私はカメラマンで、女性です。

その日は、Aさんを撮影させていただくことになっていたのですが、偶然が重なりハロウィンの日でもあり…混雑する街中でどう撮影しようか?ずいぶん悩みました。

まずは、人混みを避けて小さな公園で撮影。幸い、カップルしかおらずスムーズに撮影できるかと思いきや…なぜか度々シャッターが下りない。カメラはメンテナンスに出したばかりだし、壊れている様子はナシ。サブのカメラで撮ろうか…そう思いつつも、腕を疑われたら嫌なので調子が悪いことはおくびにも出さず続行。

カメラを構えて何度目かのときです。ファインダー越しのAさんの背後に、大人数の若い男女が急に現れたのです。どこからか走ってきた感じ。しかも、服装が古臭い(原色+デザインがヘン)うえに、顔も服もススだらけという違和感…。

不思議なハロウィンのセンスをした人たちやなぁ
そう思いました。

同時に、Aさんが後方を振り返るも、ノーリアクションでまた私のほうを向き直ると…突然ヘンな話を始めたのです。それは、その地方では有名なコワイ話で…。

てっきり、不思議な格好の男女にツッコムだろうと思っていたので拍子抜けしつつ…。
時間もないので場所を移動。繁華街へ出ました。

芸人さんということで絡まれるかもと思っていましたが、ハロウィンでごった返す繁華街。逆に?目立たないw
良かったなーと思った矢先、あの不思議な格好の男女が、人々の流れに逆らうように立ち止まり、じっとこちらを見ていたのです。

やっぱりAさんのこと気がついてたんや!しかも、ついて来ている…?

イライラしつつも、男女をまくようにしてなんとか各所での撮影を終えた頃には、もうその存在を忘れていました。

そして、帰るべく電車に乗った私とAさん。不思議と空席が目立つ車両で、目の前の6人掛け座席には誰も座っていません。
私は途中駅で、Aさんはその先の駅で降ります。

私たちが一緒に車内に居たのは4駅でしたが、3駅目で、なんとあの男女が乗ってきたのです。目の前の6人掛け座席に座ると、じっとこちらを見ている。
私はAさんに、気づかれているのでマスクをしたほうがいいと耳打ちしました。でも、Aさんは

この怖い話はどうでしたか?

コメント(7)

普通撮影終わったら車で帰ると思うんだけど。大きなカメラどこに片付けるんだろう…と疑問に思いました。

いってやるなよwww

お前たかはしじゃね!?

すごいなー芸能人なんか担ぎ出してくるあたりが見てもらいたくてしょうがないですって感じ。逆に見てらんないわ

薬やりすぎ、ていうかここに投稿してる時点でたいしたフォトグラファーじゃない。。。

ド三流のゴシップカメラマンなんだろ

俳優のたかはしだよね?ちょーファンなんですけどみたいな的な!

4度さんの投稿(3)

もっと見る

話題のキーワード

サクっと読める短編の怖い話

人気の怖い話をもっと見る
怖い話 怖い話アプリをダウンロード 怖い話アプリをダウンロード