これは学校の同級生が入院しているときに聞いた話です。

その同級生をAとします

Aは結核にかかってしまい入院中でした
その日は容態が悪く、気を失いました

Aは変わった夢を見た

気がつくと夏で、都電を待っていた
列を見てみると、老人や壮年の人たちが話をしながら待っていた

やけに、リアルな夢だなと思いながら

だんだんと人数は減っていき、ホームに入った

線路は一本しかなく行き先も一ヶ所のようだ

電車が来ると、中には人が1人もいませんでしたがそのまま乗車した

しばらく進むと一面に草原がありAは興味深そうにながめていた。

その草原には昼なのに暗い表情をした人たちがいて、なにかを手に持っていた。はたから見るとおかしな光景だったが周りの乗客は気にもせずはなし続けていた

なんだか変だなと思ったAは
次で降りようと考え
待つと
次第に辺りが暗くなり、電車の電気が消えた

そこでアナウンスが流れた「次は〜終点〜終点〜」
乗客たちの声が大きくなりAは怖くなった

早くここから出なければ
そう感じたAは降車ボタンを探した

ボタンがない……
電車はどんどん進んでいく

頭が混乱しているなか、横から声をかけられた
「A君、ここにいてはいけません」

その人は4年前に他界したおばあちゃんだった
A「おばあちゃん なんでここに?」

「いいから早く降りなさい!」

Aはここで降りないと一生帰ってこれない気がして、とっさに窓から降りた。

そこで、夢は終わる

Aいわく、あのまま乗り続けていたらどうなっていたか

この怖い話はどうでしたか?

コメント(7)

結核は、今、抗体ができているから、大丈夫だけど、昔は、抗体がなかったから、とても大変だったらしい。

最初乗客いなかったのに途中から乗客でてきたの?文章がイマイチ

三途の河を渡る電車だったんですかね?怖い夢。まあ結核で亡くなる人は現代ではいないんだけど。

そもそも夢なんて、何の脈略も無いもの。無人だった電車内に 乗客が現れても不思議でも何でもない。夢ってそんなもんでしょ。 それに、結核で免疫力が下がってたら二次感染を引き起こしていた 可能性もある。実際、風邪から始まって死に至ることも皆無ではない。 この話の真相は別として、みんな意地悪だなw

ただの夢!私もウルトラマンに変身しかけて目が覚めた、あのままねむっていたら、、、て感じ、あほくさ

↓確かに(笑)

あのまま乗り続けていたら夢の中でどこかの駅に着いたんじゃない?そして結核は当たり前のように完治して元の生活に戻ってたと思うよ。結核ではしなない。

匿名さんの投稿(9)

もっと見る

話題のキーワード

サクっと読める短編の怖い話

人気の怖い話をもっと見る
怖い話 怖い話アプリをダウンロード 怖い話アプリをダウンロード