」とされているのだという。

鍵がかかっていて中にはベッドも入っておらず、カーテンで常に窓を覆い、誰一人立ち入ろうとはしない病室なのだそうだ。

いったい何故その部屋が開かずの間とされているのか?

その看護師の方も気になり、同僚などに聞いてみても誰も知らないのだという。

ただ、看護師長からはその開かずの間の前ではたびたび「不思議な事」が起こるが気に留めないように、

と言われているそうだ。

夜勤の際、その開かずの間の前を通ろうとすると、

中からノック音が聞こえ「なんで鍵をかけるんですか?」と話しかけられたという。

中に誰かが閉じ込められている、

そう思った看護師はその部屋の鍵を探したそうだが、不思議な事にその部屋の鍵だけ無いのだ。

また、別の看護師が夜勤でその開かずの間の前を通った時は、

中からシャッシャッとカーテンがひっきりなしに開閉するような音が聞こえたという。

他にも、入院患者から、その病室から女性が外を覗いていた。

夜、ずっと明かりがついていたなど話しを聞くのだそうだ。

この怖い話はどうでしたか?

コメント

「手を振る女性患者」に関連した怖い話

話題のキーワード

サクっと読める短編の怖い話

人気の怖い話をもっと見る
怖い話 怖い話アプリをダウンロード 怖い話アプリをダウンロード