私は中学から家に帰るためバスを利用していました。その日はとても疲れていてバスで眠ってしまったのです。 ぱっと目が覚めたら自分の降りるバス停を過ぎようとしているところでした。私は慌てて降りるためのボタンを押しましたがすでに手遅れだったようでバスの運転手さんは私に気づかずバス停を過ぎてしまいました。ですが私はどうしてもそのバス停で降りなければならない用事があったので「すみません止まってください止まってください‼️」とバスの中に響き渡るような大声を出し止まってもらいました。あまり待たせるのも悪いので急いで財布からお金を取り出して焦っているとちょうど1番後ろの席で私の隣にいたエヌバックを背負った女の子が「傘忘れてますよ」と私に傘を差し出しました。その時はありがたく思い「ありがとう」と言って傘を受け取りましたが私はある不思議なことに気づきました。その女の子はまだ暑いお昼なのにも関わらず分厚い緑色のジャンバーを着ていたのです。そして両膝をひどく怪我しています。私はそのことが少し気になりましたが早く降りなければならないので、バスから降りました。降りた後バスを振り返ると傘を差し出してくれたあの両膝をひどく怪我をしていた親切な女の子はバスにはいなかったのです。私は急に怖くなり走って家に帰りました。
後で気がつきました。私が降りたバス停は病院前であったことに。

あの少女は一体何だったのでしょうか。皆さんもバスでエヌバックを背負った少女を見たらその子の身なりをよく観察してみて下さい。両膝をひどく気がしていたとしたらもしかしたら私の見た少女かも知れませんね。

この怖い話はどうでしたか?

コメント(6)

そゆの日常茶飯事。

見えたんだ…

↓↓?さん 話しではなく、話ですよ!投稿者さんよりも、自分の事を気にして下さい!!!

この投稿者の人、作り話しすげー。

普通だ

句点がなくて、読みにくい。

敦子さんの投稿(3)

もっと見る

話題のキーワード

サクっと読める短編の怖い話

人気の怖い話をもっと見る
怖い話 怖い話アプリをダウンロード 怖い話アプリをダウンロード