俺、工場で働いてて先週夜勤だったんだよ
工場って機械の音とかエアーの音とかデカイから結構近くまで行かないと人の話し声聞こえないんだよ
俺もいつも通り作業してたら急に真後ろにヒールで歩く様な音がして振り返ったけどなんもなかったんだよ

で、朝方の5時に仕事終わって帰る時、駐車場の出口のとこに真っ赤なワンピースに真っ赤な大きい帽子の女の人が立ってたわけ

まあ朝方だし日が登るの早いから回りはかなり明るかったからはっきり見えたんだけど
よく考えたらこんな時間にこんな田舎にそんな格好で居るのおかしくね?ってなるわけじゃん

だから次の日に先輩とかに聞いて回ったけど誰も見てないって言うしちょっと俺、疲れてんなくらいにしか思わなかったんだよ

その日もまたヒールで歩く様な音がしたけど振り返ったけどなんも無しみたいになって
いよいよ俺は本格的に疲れてんなって思ってたわけ
でも朝方帰る時、赤い女は駐車場の出口に居なかったんだよ

俺の気のせいだったで済んだと思ってたら
帰り道の田んぼしかない道にその女が居た
前日と全く同じ格好で
しかもなんか口元がチラッと見えてニヤついてたんだわ
そもそもこんな田舎に居るのなんで畑仕事してるジジイかババアしかいないから
本格的に怖くなってきたけど夜勤だから寝不足の所為にして忘れようとしてた

次の日にも仕事中に足音してなんか気配感じたから勢いよく振り返ったけどなんも無い
もうだんだんノイローゼ気味になってきててイライラしてた
そん時は怖いって言うよりイライラの方が強くてなんなんだよってボソって言ったら
明らかに走る足音がした。
しかもヒールでめっちゃ早く

だんだん気味悪くなってきて明日は絶対仕事休もうって決めてその日は帰ったんだよ
で帰り道
駐車場の出口にも居ない、前日の田んぼ道にも居ない、
あれ?居ないわって思ったらもう少し先の家から5~6キロくらいの地点の小さな橋の上に居た
顔は帽子ではっきり見えないんだけど口元たけは見えてた
ニヤニヤしながらこっち見てた
しかも俺の車を目で追うってか身体で追うみたいにずっと見てた
俺もミラーから見てたけどあの女もずっとみてた

よく考えたら明らかにあの女は俺の家に近づいてる
このままのペースだと明日には家にに着く
マジでヤバイと思い、帰ってすぐ霊感あるオカンに相談してみた
そしたらオカンに

How about this story?

Comment(32)

箸を上手く持てない状態だったら、こんな投稿してないで、リハビリでもしてたらどうですか?

田舎は、恐〜 イヤだ〜

こ、こわいねこれは

アクサラみたいだな

呪縛霊……??

八尺様に似ているね。 そんなことより、お母さんは相談されたらすぐわかったのにどうして相談される前は気がつかなかったんだろ?

その後どうなりましたか?大丈夫でしたか?

箸持てないんに文字打てんのかも単純に考えてしまった

やばいねこれは

Relete to "夜勤中に大変な事が起こった"

Hot words

Short Stories

Read More
怖い話 You can get App You can get App