あれは今でも忘れられない出来事だった。当時中2だった俺は、夏休みの途中辺りに俺の家族と母親の友達家族数組で某県にある川にバーベキューをしに行ってたんだ。
俺たち子供チームは、バーベキューの道具を置くなり早速水遊びをした。
そん時は夏だってのにすんごい水温が低かったんだよ。
そして一通り遊んだ後はみんなで飯食ったり飲み物飲んだりワイワイしてた。
俺はその後1時間水遊びをした後川に入るのをやめ、テントの中で普通の服に着替えてからその後すぐに昼寝をしたんだ。
それからすぐの事だった。
「やけに外が騒がしいなぁ」
と体を起こしてテントから出た。
なんだかみんなの様子がおかしかった。
みんながみんなある場所を見つめていた。
その場所は、飛び込み禁止の所だった。
俺は、「絶対何かあったんだだよなぁ」
と思いながら母に何があったんだ?問いただしてみた。
すると、
「ひ、人が飛び込み禁止の場所からふざけて飛び込んだらしいけど全っ然浮かんでこないの!」
と落ち着きのない様子で俺に教えてくれた

だが俺は、(一体誰が飛び込んだんだろう。)と思っていた。
すると、
「ま、まさか〇〇(母の友達の子供の名前)だったりして」
と母の友達がそう言ったんだ。
俺は、そんなの絶対にあり得ないと思ってていた。俺含む全員が困り果てていた時だった。
母の友達が言っていた〇〇くんが帰ってきた。その瞬間俺たちはホッとした。
いやホッとしたのは束の間だった。
どうやら〇〇くんはその飛び込んだ人の様子を一部始終を見ていたようだ。
〇〇くんの話によると、男性2人が警備員の制止を払い飛び込みんだようだ。
一人は飛び込んでからすぐに水面から顔を出したのだが、もう一人が全然浮かんでこなかったようだ。
だが暫くしてから男性は顔を出した。だがその時の様子がおかしかったらしい。
プカーと仰向けの状態でグッタリとしていたらしい。
警備員の方がすぐに119に連絡を入れたらしくすぐにレスキューヘリがやってきた。
だがその男性を引き上げるのに30分くらいかかったようだった。程なくして男性はレスキューヘリに乗って病院に運び込まれた。
一通り事が収まった辺りでレスキュー隊の方が、男性の知り合いを探しに来ていた。
もちろん俺たちも聞かれた。その時俺は、(ヤベェ事になってるな)と思ったていた。
そして数時間後に俺たちは変える事にした。駐車場までの道を歩いている際、あるアナウンスが聞こえて

How about this story?

Comment(1)

これ実話です。信じてしください。

怖花作夫 Stories(9)

Read More

Hot words

Short Stories

Read More
怖い話 You can get App You can get App