このお話は私が18歳のお盆の時期に母方祖母の自宅にて体験した泣けるのか笑えるのか分からない不思議な話です。

その日は私は2年ぶり位に祖母の自宅に行きました。
お盆の時期で盆踊りがあり、祖母に浴衣を着せてもらい泊まりに行きました。
叔父夫婦と祖母も大歓迎で迎えてくれました。
お給料を稼いだ後なので宿賃に叔父夫婦への献上の品として箱売りビール(お金を渡して祖母は払って貰いました)と母方祖母への献上品いい感じのお菓子を買いました。
そんなこんな買い込み祖母宅へお邪魔して、従姉の娘ちゃんと末の弟と私で夏祭りへ向かいました。
楽しみつつ従姉の娘ちゃんも私達姉弟も怪我なく楽しく笑顔で帰還するようにと二人の祖母に命令され、無事その任務を終えました。
夜も遅くなり、私はお風呂に入りました。

面白い事件はそのときに起きました。

祖母の自宅はお風呂を改装して新しくしておりピカピカ広々でした。
…しかし、従姉親子と叔母の希望に逆らえず風呂場に鏡を設置することに。
うん…霊感がある祖母と叔父は反対したみたいだけど。
「ご先祖様方がいるから安心しなさい。」
「お姉ちゃん、鏡に変なの写るけど気にしないでね。」
従姉の娘ちゃんの天使の顔をした悪魔のような励ましを胸に私は風呂場へ。
シャンプーをしているときにそれは起こりました。
STEP1ドアの磨りガラス越しに白い着物姿の女性に気が付くが、何となく母と祖母に雰囲気が似ているので恐くなかった
STEP2 足音もなく磨りガラス越しに近づいており鏡を見ている女性の視線はとある私の身体の一部へ
STEP3 シャンプーが終わり、髪の毛を軽く拭き髪を結わえていると女性は身体を震わせながら口元に手を添えて隠しているつもり

何処の部分を見て笑っているのか…?

少し腹が立った私は文句を言おうとドアをあけるがいるのはタオルを持って来てくれた叔母さんでした。
「栞~…タオルって…プッ‼可愛い胸だわ(笑)」
噴き出す叔母の背後…少し離れた場所で笑う母に似た女性の表情。
思いっきり爆笑されていた。
「叔母ちゃん、タオル有り難う‼もう少しだけ暖まったら出るから‼」
赤面の私は叔母にそう言うとドアを締めました。
ハイよ~と笑い混じりに答える叔母。

お風呂が上がると叔父夫婦と祖母にお風呂場であった事を伝えると爆笑されました。
フォローになっていないフォローを受け私は顔から火が…。
しかし、鏡に映っていた女性の特徴

How about this story?

Comment

栞 Stories

Hot words

Short Stories

Read More
怖い話 You can get App You can get App