霊をたまに見るようになってから一年余り。
中学生のころの話です。
またまた長くなってしまいましたので、お時間ある方だけお読みくださいませ。


夏休みでした。
私たちはその夜、友人たち数名と近所の小学校のグラウンドで花火をしていました。
田舎でしたので小学校の周囲は人家や商店がちらほらある程度で、人気はありませんでした。

時刻は22時ごろ。
仲間たちと楽しくはしゃいで花火をしていましたが、私はちょっと前から気になっていることがありました。

グラウンドのフェンス越しに、じーっとこちらを見ている小学生が二人いたのです。
こんな時間なのに通学帽とランドセルを身に着け、小学校高学年ぐらいの女の子と低学年ぐらいの男の子でした。姉弟のように見えました。


嫌だな・・あの子たち、きっとあっち側の人だよな・・。


私は花火をしながらもずっと視界の隅に彼らの姿が入っていました。

何をするわけでもなく、ただ、花火をしている私たちのことをじーっと見ているのです。

半分あれは生きている人間ではないと思いつつも、もし本物の人間だったら親御さんが心配しているだろうし、私はしばらく迷った挙句、近くの友人に声をかけました。

「あの子たち、さっきからずっと俺たちのこと見てるけど、こんな時間に大丈夫なのかね」
「ん? 誰のこと?」
「ほら、あそこのフェンスの向こうに小学生の姉弟がいるでしょ」
「いねーし。やめろよそういう話~」


・・・・・やっぱり。


不思議とみんなには見えないのです。
私は特に怖い感じもしなかったので、それきり姉弟のことは視界から締め出し、仲間たちと花火を楽しんで帰りました。



その夜は、私だけその小学校の近くに住んでいた友人Aの家に泊まりに行きました。
Aとは特別仲が良かったのでさっきの姉弟のことを話すと、

「ああ、あの辺は昔から交通事故が多いんだ。もしかしたら関係あるかもね」

なるほど、と妙に納得したのを覚えています。



そしてその夜、Aの部屋で寝ているときのことです。
Aの部屋はロフトがあり、私とAはそこに並んで布団を敷いて寝ていました。


ふと金縛りに遭い、私は目が覚めました。
目だけは動きますが、それ以外はぴくりとも動けず、声も出せません。
すごく嫌な感じでした。隣でAが寝ているのは分かりますが、顔が動かせないので彼の様子も見られません。


すると・・・


ガタ、ゴトン・・・
ゴトン

How about this story?

Comment

556 Stories

Hot words

Short Stories

Read More
怖い話 You can get App You can get App