東京都某所で3年前ぐらいに起きた実際の事件です。

私の会社からほど近くのJR某駅の線路で1歳児が電車に轢かれて亡くなってしまった事故。

普通なら事故として処理されるはずのこの事件は、未解決案件として扱われることになったのだそうだ。

会社の役員が管轄の警察官に知り合いがいて、事の顛末を聞いたらしい。
それによると、この事故、どうしても不自然なところがあるのだという。


まず被害者であった1歳児が住んでいたのは線路わきに立つマンションの上階。
事故当時母親は少しの間だけ留守にしており、1歳児は家に一人ぼっちだった。
マンションのエレベーターは1歳児ではボタンに手が届かないので乗ることはできない。
しかし、エレベーターの監視カメラには、一人でその子が乗っている映像が残っている。


で、警察がこの監視カメラの映像を見た瞬間。
「ああ、これは未解決案件だ」
となったそうだ。



というのも、その男の子はまるで誰かと手を繋いでいるように、右手を上にあげたまま、一人でエレベーターに乗ってきて、下りていったのだ。その姿がばっちり監視カメラに映っていたのだった。



こういう事故の場合、母親はどう気持ちの折り合いをつけるのだろうか・・。

How about this story?

Comment

丸塩 Stories

Hot words

Short Stories

Read More
怖い話 You can get App You can get App