地方に住んでいる 友人(♂)の話です。

その頃 友人が勤めていた会社は 人手不足で 土日も 殆んど休みが取れず 働きづめでした。

なので 借りていたアパートも ただ寝るために借りたような感じで 何かあるんじゃ無いか?と誰もが 疑いたくなる様な 家賃の安い部屋に住んでいました。

実際は 何も無く ただ築年数が古いからという理由だったようです。



朝 アパートを出て 夜 遅くに帰宅するので 食事は 専ら外食で お風呂に入るのも 近くにあった温泉などを 利用し 本当に ただ寝る為だけに 借りていた様なものでした。


私の仕事を手伝ってくれる 沙耶という女の子がいるのですが その友人と仲が良く たまに連絡を取っていたみたいでした。


そして 会話の中で 友人がこんな事を言っていたそうです。


以下 友人の話。

少し前から やたらと夜中に目が覚める。
身体は疲れているはずだから ぐっすり眠れそうなんだけど 必ずっていうぐらい 目が覚めるんだよ。
そういう時って なんて言ったらいいのかな?ん~そうだなぁ…… 寝苦しいとかじゃ無いんだけど 何だろ?突然フッと目が覚めるんだよ。

微睡みの中とかそういう感覚もなく 本当にフッとね。
目を開けると 目の前に 何かあるんだよ。白っぽいモヤモヤした 何かがさぁ……それが 毎日毎日続くんだ。
最初こそ モヤモヤしてたんだけど 目が覚める度に 段々と何かの形になって行くんだよ。

見る度に形が違うからね。それで 何なんだろうなぁ?ってそれの正体が知りたくなって 目が覚める度 目を凝らしてるんだけど…中々 それが何なのかは分からなかったんだ。
でも…なんか 突然 それの正体が分かったんだよ。
やっと貰えた休日だったから時間掛けて 正体を突き止めてやろうと思ってさっ。
分かったら 分からなければ良かったって 少し後悔したよ。


何度も目の前に現れる白いモヤモヤしたものの正体を見てやろう 暴いてやろうと 目が覚める度 目を開けると 目の前に 真っ白い女の顔があったんだ。

全身の毛穴が総毛立ったよ。

目を反らしたくても 目の前に 女の顔があるから怖くて 目を瞑る事しか出来なかった。

で 何度か目を瞑る 目を開けるを繰り返したんだよ。目を開けた時に 消えてればって思ってさ。

でも……回数を重ねれば重ねる程 女の顔が変わっていくんだ。
三日月を横にしたみたいな目と口が開い

How about this story?

Comment

紫雲 Stories

Hot words

Short Stories

Read More
怖い話 You can get App You can get App