初めての投稿なので、読みにくいところがあるかも知れませんが、私が本当に体験した話です。
私にとっては、悲しくて怖い体験でした。


これは私が小学1年生の時のお話です。
私の家は、父の仕事で2年ごとに県を転々としていて、その頃は沖縄に住んでいました。

とても暑い日の夕方だったと思います。
いつものように帰り道を歩いていた時でした。
その日は1人で帰っていました。
あともう少しで家に着くところで、後ろから

「ねぇ、遊ぼうよ」

と、囁くような声が聞こえて、
びっくりして後を向くと、誰もいませんでした。
気のせいかと思って、また普通に歩きだしました。
するとまた、

「ねぇ、遊ぼうよ……遊ぼうよ」

と聞こえてきました。
でも、後ろを向いても誰もいなくて、
怖くなって泣きながら走って、帰りました。
走っている間もその声はずっと聞こえていました。
ずっと繰り返し「遊ぼうよ」と。
あと、100メートルぐらいで家に着くぐらいの距離でその声が聞こえてきて、とてつもなくその距離が長く感じました。

当時、住んでいた所が門のあるマンションみたいな家で、その門をくぐったら
その声は聞こえなくなったんです。

よかったとホッとして、
でも、怖くてさっきのは気のせいだったんだと思い込み、忘れようと誰にも話しませんでした。

そして忘れた頃に、またその道から帰りました。
その時も1人でした。
すると、また同じ声が聞こえてきて、
今度は、はっきりと女の子の声で少しか細い声でした。
後ろを振り向いても誰もいなくて、また走って帰りました。

家の門をくぐるとまたその声は聞こえなくなりました。
でも怖くて、そのことを泣きながら
母に話しました。
その話を聞いて、母は、

「その子はどこかで亡くなっちゃった子なのかもね。
寂しくて、1人で歩いてるあなたに話しかけたのかもしれないし、助けてほしくて声をかけたのかもしれないね。
でも、遊んであげられないし、助けられないね。
だから、心の中で、
ごめんね。遊んであげられないし、助けられない。だから、ごめんね。
って言ってあげたら、その子も離れてくれるかもしれないよ」

と言ってくれたので、そうしようと思い、今度は、逃げないで話そうと決めました。

そして次の日、その道を帰りました。
また同じ場所でその声が聞こえてきました。
泣きそうになりながらも伝わるようにゆっくり歩いて、母の言葉を思い出しながら、

How about this story?

Comment(1)

適切なアドバイス良かったですね。女の子は独りぼっちで、そこにいたのかな?今は成仏して、母のもとにいること願っています。切なくて心が痛いです。

ゆに Stories(2)

Read More

Hot words

Short Stories

Read More
怖い話 You can get App You can get App