の姿では 家に帰れないんじゃないの?このまま彷徨うの?どうしたいのかは 貴女の口から聞くまで 私から手助けする事は無いよ。私は今 忙しいから その間 良く考えなさい。」

それだけ言って また押し入れの下段に入って行く。懐中電灯で照らしながら バールで 板を外して 床下を除く 目の前に何かあった。
暗かったので 懐中電灯で照らすと 漬け物石の様な丸く大きな石があるのを見付けました。

彼はそこに居ました。
外に出た時に 猫か何かに追われ 石の下に身を隠したものの 入った時の隙間を 追ってきた何かに埋められ( 石の回りを掘ろうとして たまたま塞がった感じでした。 ) 出るに出れなくなり 気温が下がり 動けなくなったのだろうと……。

しかし この石は私の力では 動きそうも無く 板を 大きめに 外して 持ち上げ様としましたが 下手に持ち上げて 彼に当たっては いけないと 男手を要するからと 電話をかけ 助けを呼びました。

待つ事 10分 。 普段から力仕事をしている 友人のAとJが来ました。
二人を上げて4畳半に行くと Aが 「うおっ?! 」と言いました。
あっ‼そうだった…Aは見えるんだったと思い

私 「あぁソレは気にしないで 居るだけで何をする訳じゃ無いから……それよりこっち見て。」

と 押し入れを指さしました。
Aが中を覗き込み バールで退かそうとしたので 私は 慌てて Aを止めました。

私 「ぎゃ~やめて~下に蛇が居るから ‼ 」

A 「何?お前食うの?」

J 「うわっマジッすか?」

私 「誰が食うか !? 助けてくれって電話で言ったじゃん !! 」

A 「あぁ~だったな。そこのインパクトのある姉さんを見て 飛んでたわ(笑)」

J 「んじゃ Aそっち抱えて 横にズラそう。」

A 「よっしゃっせ~のっよっ‼」

J 「うわっ‼デカッ⁉」

A 「何年生きてんだ コイツ?」

私 「あぁ~良かったぁ こっちに取って渡して。」

と 言うと二人が 「はぁ?」て顔をした。

私 「その蛇 冬眠した事無いみたいだから 餌も蓄えて無いだろうし…箱に入れるから 早く頂戴。」

J 「A半分持って。」

A 「はっ半分なっ半分。」

二人が手を伸ばした時 微かに蛇が動いた。

A 「うわっ‼ 動いた ‼ 」

J 「おいA 手を離すなよ?」

A 「分かってるよ。しかし重てぇな…。」

二人が愚痴るのを無

How about this story?

Comment(3)

山口県岩国市の白蛇神社ですか?

匿名さん。コメント有り難う御座います。 人は 生きていく中で 様々な壁にぶつかります。それをどう乗り越えるかは その人次第ですが…シを選ぶ事は一番してはイケない行為です。 蛇はもう寿命がギリギリの状態だったのだと 思います。彼に呼ばれていたのかも知れません…。あの家にいたモノ達を託す為に…。 あの親戚の家ではまだまだ たくさん話が出来そうなので また投稿しますね。

悲しさと安堵と…蛇さんも女性も紫煙さんと出会えて本当に良かった。誰も知らずにひっそりと、大きな優しさが、あるんですね。何度も読み返しました。目が濡れっぱなしです。

紫雲 Stories

Hot words

Short Stories

Read More
怖い話 You can get App You can get App