今回は 怖い話ではありません。

ふと 思い出したので 投稿させて頂きます。


5年前の秋頃 ある親子と出逢いました。

日頃から お付き合いのある お寺からの相談で ある親子の事で 力を貸して頂けないかと 連絡を受けました。

丁度 手も空いていたので 「いいですよ。」と返事をし その日の午後 住職さんと一緒に 4歳の可愛らしい女の子( トモちゃん 仮名 )とお母様が いらっしゃっいました。

お母様と話をする間 トモちゃんはうちにいる スタッフと別室で遊んでて貰いました。

挨拶を交わした後 お母様が今回の相談事を話して下さいました。

トモちゃんが3歳の頃 高熱を出し 病院をアチコチ回ったものの 原因が全く判らず 薬も解熱剤を飲ませても 熱は下がらず 座薬を使っても 熱が下がらず 一週間ぐらい過ぎた頃 少しずつ熱が下がり出したので その時は ホッとして喜んだそうです。

それから まる1日掛けて熱は完全に下がり 平熱に戻ったそうです。

翌年に トモちゃんは 保育園に入園して 元気に毎日 通っていたそうなのですが…

初夏辺りになり 保育園の園長先生から 電話があり トモちゃんが他の子供たちとは 遊ばずに一人でいる事が目立つ様になり 一人でいるのに とても楽しそうにしていると言われたそうです。

お母様は 良く分からずにいましたが その日 トモちゃんを迎えに行って 買い物を済ませて家に帰った時 トモちゃんに聞いたそうです。

お友達とは遊ばないの?と……するとトモちゃんは ネコさんとおねぇちゃんと遊んでた方が楽しいから…と答えたそうですが その時は 園の外にいたネコと遊んでたのだろうと思っていたそうで 余り 気にも止めなかったそうです。

ただ おねぇちゃん というのが 少し引っ掛かったそうですが 自分の聞き間違いかと思っていたそうです。

トモちゃんには 園のお友達や先生とも 遊んでねと伝えてから トモちゃんは みんなと遊ぶようになり お母様は トモちゃんが言った事を忘れていきました。

日曜日 保育園が休みの日
トモちゃんはお母様と近所の公園に行きました。公園には 保育園が同じのお友達が居て 滑り台やブランコ等の遊具で遊んでいたのですが トモちゃんだけ ジャングルジムの裏の花壇の方でしゃがみ込んでいた様で お母様は トモちゃんの所に 歩いて行くとトモちゃんは まるで誰かと会話しているかの様に 楽しそう

How about this story?

Comment(7)

チェリーさん コメントありがとうございます。そうですね。お母様にも幸せになって頂きたいですね。

名無しさん。コメントありがとうございます。すみません。書き足して置くべきでしたね…。私の投稿で(タイトルの後ろに)何も書いてない時は 全て 実話になります。にわかには信じられないと思いますが 悲しい事に実話なんです。

母親のことを思うと複雑です。人間の命の時間は、決まっているのでしょうか?それにしても短命過ぎて悲しいお話です。きっと月で仲良く、幸せに暮らしているはずです。

拝見させて頂きました。凄く悲しいけど温かいお話しです。これからもお母さまやともちゃんの幸せを願います。

小説?

拝見させて頂きました。凄く悲しいけど温かいお話しです。これからもお母さまやともちゃんの幸せを願います。

匿名さん。コメントありがとうございます。ここに上げられない事情がある内容の話を、お母様が落ち着かれた頃に、全て お話してあります。それを話した上でお母様には、ご理解頂けました。お子さんを亡くされた事は 大変 悲痛な思いであるという事は 私でも良く解ります。 「 満月を見ると 朋美の笑い声が 聴こえてくる気がして 満月の日が 待ち遠しいんです。」 そう お母様が呟いたのを聞いて トモちゃんは綺麗に成仏できたという事と 前向きに生活を送られてる お母様を見る事が出来て 安心しました。

紫雲 Stories

Hot words

Short Stories

Read More
怖い話 You can get App You can get App