私の中に封じ込めた 怒るモノを紫翠が持参した水晶に移す為 私の手に水晶を握らせようとしていたのですが 中々 握る事が出来なくて 何度も転がり落ちてしまい 最終的に 弘美が水晶を押えて 怒るモノを移す事になりました。

水晶へ怒るモノが移動し始めると 水晶が徐々に黒く変色していき 水晶が黒くなるに連れ 私の苦痛も薄れていきました。

だいぶ楽になって来た時 水晶がビシッと音を立てました。
弘美の手が震え始めました。

紫翠 「まずいっ… 」

怒るモノの力が強すぎて 水晶にヒビが入り その隙間から 水晶を押さえている 弘美の掌から入り込もうとしていました。

楽に成りつつあった私は 咄嗟に水晶に力を入れ強く握りしめると 弘美を突き飛ばし 紫翠の足元にあった 封じの御札をヒビが入った場所にあて 更にその上から手で押さえ付けました。

その後の記憶が余りありません。

ただ 後から聴いた話ですが。

私は 水晶を握りしめたまま フラフラと立ち上り 覚束ない足取りで あの場所に歩いて行き 水晶を地面に置いて 怒るモノを封じ 水晶も砕けたと聞き 私は 驚きました。

霊を移す事は出来ても 封じる事までは まだまだ未熟でしたので 記憶が無いところをみると 守護様が 私の体を動かし 封じたのだろうと思います。

憑き物を放した 彼女の顔も元に戻り 小さな寝息をたてて眠っていました。

ボーッとした感覚が薄れて戻った時に 紫翠が私に言いました。

紫翠 「お前 いつの間に覚えたんだ?」

私 「何を?」

紫翠 「……?記憶に無い?」

私 「?」

紫翠 「いやっいい。忘れてくれ。」

私 「何か怖いんだけど…」

紫翠 「ハハハ……」

弘美 「気持ち悪いよ 紫翠 」

紫翠 「……って!! お前もかよ?! 」

そんな会話をしていると 弘美の友達が他の二人を連れて 謝って来ました。

彼女の彼氏さんが特に 涙と鼻水と汗が入り交じった顔で 謝っていました。

紫翠 「まだ 終わっちゃいねぇよ。」

紫翠の言葉に 固まる三人。

紫翠 「お前らは 禁忌に触れたんだ。だから お前らにも 後から 障りが出るはずだ。」

不適な笑みを浮かべながら 紫翠は話を続ける。

紫翠 「まっ俺には お前らがどうなろうと関係ない…自業自得だしなっ…幾らか怖い目に遇えば分かるんじゃねぇの?なぁ?」

そう言って 彼氏の友人の肩に手を乗せて

How about this story?

Comment(4)

こたくん コメントありがとうございます。暇があれば 投稿しますので 宜しければ読まれてみて下さい。

紫雲さんの守護霊様は、最強ですね。胆試しで廃墟を荒らしたりは、人の家に土足で、入り込むのと同じなので、本当に腹がたちます。今回の、おしっ○は、最も恥ずべき行為ですよね。 まだまだ、びっくりする話し有りそうですね。楽しみにしています。

久しぶりに読みごたえのあるお話しだした。ありがとうございます。文章もじょうずだし。またお願いします。

匿名さん コメントありがとうございます。 夏になると増えてくる 肝試しですが…やっぱり 涼を求めての行動なのでしょうかね? どちらにしても 本物の場に遭遇しても 心霊スポット等を巡るにしても 行かれる方に得はないのですがね。 ゆっくり 投稿していきますね。たまに説教じみた話になる事もあるかもですが…( 今回のように… ) 

紫雲 Stories

Hot words

Short Stories

Read More
怖い話 You can get App You can get App