ある日僕は道に迷っていた。
その時ちょうど通りかかった赤いランドセルの女の子に道を聞いたんだよ。「〇〇橋ってどっちにあるのかな?」と聞いた。女の子は「。。。」何も話してくれないから僕は女の子の肩をトントンと叩いた。女の子は「。。。」僕は怒り、他をあたった。誰も僕の話を聞いていないように感じた。


そうだった。僕はさっき、信号で、、、

How about this story?

Comment

みかん Stories(1)

Read More

Hot words

Short Stories

Read More
怖い話 You can get App You can get App