女の子が試験をひかえ、自分の部屋で夜遅くまで勉強していた時の事。

夜中の2時ごろ、ノックの音がした。

トントントン!

「夜食を持ってきたからドア開けて」

母親の声だ。

ちょうど集中していた時だったので、すぐには開けないでいたら、少し強めにたたいてきた。

ドンドンドン!!

「早く開けろ」

•••声色が変わった。

不気味でなんだか怖くなったので、そのまま開けずにいたら、

「だから開けろって言ってんだよ!」

ドンドンドンドン!!!!

男の声になり、ドアをたたく音がよりいっそう激しくなった。

ふと思い出した。

母親は旅行に行っていて、家にいないはずだ••••••。

How about this story?

Comment(15)

マジで怖い、っていうかお父さんとかお兄ちゃんじゃないの?

内隣家じゃなく輝美だよ

うん、お父さんでしょ。

笑うしかない草

怖っーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

お父さんじゃないの

お父さんじゃないんですか?

身内の真似をする霊はやばいよ

体験した怖い話って書いといて、ありきたりな怖い話の真似を書くのはやめた方が良いかな、すぐバレるし。

りんか Stories(31)

Read More

Hot words

Short Stories

Read More
怖い話 You can get App You can get App