これは二年前に体験した話です。文章がおかしいかも知れませんが聞いてください。


昔から猫好きでよく猫を飼っていた友達Aは良く母や母の友達に『猫は悪魔の生まれ変わり』と言われてきたそうです。
Aはそんな言葉は聞き飽き。心の中で(ねこを飼うのを辞めさせようとしてる)とずっと思い気休め程度に聞いていたそうです。
私もAの話を聞いて(確かに辞めさせたいんだろうな)と思ってました。
何故だか言うとAの飼う猫ちゃんは3か月で必ず亡くなってしまうからです。自転車の事故や原因不明や外でお腹を切られていた猫ちゃんもいました。その度Aは泣きながら埋めていたのです。

ですが去年の夏からAの親が厳しく猫を禁止するようになり、私はその頃から捨て猫を飼うようになりそれをAも知っていました。それでAは『あんたの愛猫連れてきてよ。あんたの愛猫だけ泊まらせたい』と言ってきて…まぁうちの可愛い愛猫がAの気休め程度や癒しに少しでもでもなればいいなと思い…

でもその度Aは『雑種だね。』『可愛くない』『馬鹿そう』と嫌味を言いながらよく撫でていました。愛猫をそんなふうに言われて気分は良くないし暫く連れていかなかったのですが、
Aが『連れてきて会いたい』と電話をくれたのでお菓子やジュースを持って愛猫とA宅に行きました。
3時間くらい話した後Aがトイレに立ち1人になったのですが、押入から紐が出ていて気になり心ではダメダメと思いながらも子供の好奇心というやつですね…覗いてしまったんです、

『がらっ』と押入を開けると、
紐と血のついたナイフやフォーク、瓶に水?お酒?何かの液体と共に漬けられている目ん玉(猫の独特の目)
剥ぎ取られた肉球や毛を剃られてガリガリになり亡くなっている猫ちゃんがぎっしり詰められていたのです。
一瞬の出来事に驚き、その場から愛猫を抱きしめAの部屋を出ると『どうしたの?』とトイレから出てきたAと会いもうパニックでなんと答えたか覚えていませんが、気づくと裸足で道を走っていました。
Aの両親は知っていて飼うなと言っていたのだろう、
猫を飼えなくなり私の愛猫を狙っていたのだと思うと恐怖でAからの電話やLINEも無視を続けていました。

ですがそれから暫くしてAが行方不明だとAの両親や共通の友達から聞き安心してしまったのは言うまでもありません。

きっと、推測ですが、
Aは目ん玉を取られて髪の毛を引き抜かれ血反吐を吐いて『辞めてください』『助け

How about this story?

Comment(6)

私も猫を飼っているので ちょっと気が滅入る話でした。猫は 悪いイメージを持たれる動物ですが… 本当は 魔を祓ってくれる良い動物なのですよ。 この話の猫好きな子 最後は嬉しそうにしていますが 虐待していた子と中身は同じって 意味の話なんでしょうかね?

気持ち悪いものみちゃたね

不快な内容

こういう虐待の話嫌い 気分悪い

私も猫飼ってるので、信じられへん。 許せない。

生まれた時から猫が側にいて、大切な家族の一員。許せないし、ブルーになった!

匿名 Stories

Hot words

Short Stories

Read More
怖い話 You can get App You can get App