会社の帰り道に慣れた頃、自宅から一つ前の駅で降りて帰るのが日課になった。でも、会社の先輩には夜道は危ないからとやめるように言われた。明るいし、人通りもあるし、何より商店街で晩御飯を買うととても楽で、口がいつものようにはーいと返事をした。
ある日、いつものように一つ前の駅で降りると先輩に呼び止められた。
無理やりタクシーに乗せられて、家まで送られることになった。先輩にいつもの商店街の場所を聞かれて応えると、今度はタクシーのおじさんが驚きの声をあげた。馬鹿にされてムキになった私は、タクシーのおじさんに商店街まで行くようお願いした。
先輩はジジババ臭いところだと馬鹿にしてるんだと思っていた。


しかし、商店街に着くとそこは無人で真っ暗だった。


いつものようにいい匂いもしないし、そもそも街頭一本ついてない・・・。
黄色と黒のロープに立ち入り禁止の札が付いていた。
気が付くとゴミだらけの家の中で先輩と向かい合って座っていた。ゴミの中は腐ったフランクフルトなんかでコバエがたかってて、そこには私の口紅や歯形が付いていた。思わずトイレに駆け込んだ。
先輩は日に日に異臭をまとう私を気遣ってくれたのです。廃墟と化した商店街に行ったあの日、真っ暗な奥から「おーい」という声がしたんだって。私が笑顔で行こうとするからタクシーにねじ込んで家まできたものの、家の中は蛆が沸くほどゴミだらけだったというわけです。私は今まで何を食べていたんでしょうか。

How about this story?

Comment(9)

面白かったよ( ˙꒳​˙ ) ただ、君( °_° )身体平気かな?

この文章、短いけど内容が濃くて、最近読んだ中でもっとも面白かった。凄い体験ですね。

凄くおもしろかったのに…あるコメントでダイナシ‼

うじ食ってたんでしょ? まるで他人事ですね。

やばいですね…

1回読めばわかるわ 中々ゾッとする面白い話だったよ

あるコメントで台無しだけど、怖くて良いね!

読解力は人それぞれだと思います。先輩がいなかったらと思うと、ゾッとしますね。

 2・3回読んでようやく意味が分かりました。簡潔な文章を書くのは良い事ですが(私は大の苦手なので)、簡潔過ぎてどういう意味なのか、何が書いてあるのか分からない部分が幾つかあります。多少長くなっても、もう少し説明的な文を書けば面白い話になると思いました。

匿名 Stories

Hot words

Short Stories

Read More
怖い話 You can get App You can get App