、早く寝なさい。」


母がそう言って寝返りをうつと、私は小さな声で母に聞こえないように弟に言いました。


私「寄ってくるから、知らないふり。無理矢理でも良いから気にしないようにして寝よう。」

弟「聞こえた!?」


はい。聞こえました。
でも・・


私「私達は何も聞いてないよ。」


弟は目で『そういう事にするのか』と訴えて来ましたw




そうして私達は眠りにつきました。

翌朝、念の為おばあちゃんに夜中の2時くらい起きてたか聞いてみましたが、その時間はもちろんグッスリだったそうです。
それに泣いてもいなかったようです。


その後、また私も声を聞いたりした日があったので、おばあちゃんに話してみたら、どうも『小人』がおばあちゃん家には住んでいるそうです。
(おばあちゃんがそう言ってました。)


・・小人っているんですかね?




お し ま い

How about this story?

Comment(6)

〜〜 > 笑笑笑 確かに笑 母は半ギレでしたね笑 ドアをおもいっきり閉めたので笑

夢のある話ですね。小人さんは心の清い人にしか見えないと言うから、お婆ちゃんの人柄がわかります。たった一度だけ見た沢山のマックロクロスケを思い出してしまいました。ほっこりさせて頂き有り難うございます(^-^)/

小人の声ももちろん怖かったけど、お母さんの方が、怖かったです。

えー怖いですね。ダムの周りの環境がライターを爆発される原因を作ってるのかな?とも一瞬思いましたが、小人村っていうくらいだからきっと何かあるんでしょうね。

コメントありがとうございます!真っ黒くろすけですか!凄いですね!可愛いものだったら見てみたいなとも思いますが、怖がりなので多分見たら耐えられないと思います(笑) 小人って心の清い人にか見えないんですか。なんかいい事聞きました^^ ありがとうございます^^* はい、優しいです(笑)ありがとうございます。

自分が体験したら、ものすごくこわいと思います。そういえば、自分が魚釣り行くダムのまわりの森のどこかに小人村があるそうです。知らずに侵入して、100円ライターもってたら、爆発するそうです。

北海道のモモンガ Stories(20)

Read More

Hot words

Short Stories

Read More
怖い話 You can get App You can get App