眠れない、、、、

その原因は、夏の暑さと昼間聞いた怪談話だった。



「うちの職場、出るらしいよ〜www」

張り切った様子でパートのおばちゃんが話してくる。

「えー?やめてくださいよー何処かで何かを見たんですか?」

日差しの強い猛暑の昼間、タオルで汗を拭いながら答える。
ひと仕事終えて、おばちゃんとビルのテラスで一服をしていた。

正直興味は無かったが、私も暇だったので話題提供は有り難く応じる事にした。
ビルの清掃員の仕事を始めてから、このおばちゃんが相方になる事が多い。
現場によっては作業が早く終わり、時間調整と言う名の暇潰しが行われる。
おばちゃんとも既に何度も現場が被っていて、話のネタも尽きてきた頃だった。

「このビルにいる“何か”が何らかのかたちで数字を伝えてくるんだって。10まで数えられるとそれを聞いた人はいなくなるんだって。
それは様々な方法で数を伝えて来て、人の声だったり物音の回数だったり、眼に見える数字とか。
ごく自然に、でも確実に意識できる様に数字を伝えて来るらしいよ。」

おばちゃんは急に声のトーンを落とし、雰囲気を演出しながら話してきた。

何かの何らかのって、、、、

真相を知った人がいないが故、曖昧な表現になる。
良く有りがちな人が消えると言う、怪談というか都市伝説に近い内容だなと、暑さに働かない頭で考えていた。
おばちゃんは更に続ける。

「それでね、これを聞いた人はその日中に数字を伝えられて、10まで行くと、、、、ぷっ、あはははっ!
ごめんねーこの話は昨日、このビルの5階のオフィスのOLさん達が話してるのを聞いたの。
4人ともガクブルしちゃって、私3て聞いちゃったーとか顔真っ青にしちゃってwww
あー因みに助かる方法は、次の、、」

コンコン!

ビクッとして振り返るとテラスの内側から、怖い顔をしたスーツ姿の男がガラス張りの部分をノックしていた。
私はおばちゃんに耳打ちした。

「やばい、本社の人来ちゃった!行きましょう。」

時々抜き打ちで来る、清掃会社の本社の人間に見つかってしまった。
私とおばちゃんは慌てて作業に取り掛かる。
とは言っても後片付けしか仕事は残っていない。
適当に業務に取り組んでいる様子をアピールしつつ、何とか本社の人をやり過ごす事が出来た。

「伊藤さん、あと1時間有りますけど、ちゃちゃっと片して上がっちゃいましょう!」

おばちゃんの名前を呼び、彼

How about this story?

Comment(4)

へぇ〜すごいねw 場所だしなよ。

中々面白かったよ成程ねー

数字を先に言えば助かるということですか?

賢いですね面白かったです

viiing Stories

Hot words

Short Stories

Read More
怖い話 You can get App You can get App