私の通っている学校にはある都市伝説がある。

それは、謎の「すずき」という名の教師が来るというものだ。ある日突然自分のクラスに担任としてきて、またある日突然いなくなる。しかし、いなくなった後「すずき」先生のことは誰も覚えていない。自分以外…

この噂を聞いた時、大して怖くないと思ったが、本当に「すずき」先生が来た時は驚いた。しかし、鈴木先生はとてもいい先生で、授業は分かりやすく、面白いけどケジメがあって優しい。オマケに整った顔立ちなので大人気だった。

ある日、放課後に放送委員である私は居残りをしていた。
(私)「そろそろ帰るか。」
放送室から教室に戻る。すると、
(バッサバッサ)
と奇妙な音がする。
(私)「なんだろう?」
ドアを開けて中に入ると、すずき先生がいた。
(私)「先生…?」
驚いたことに、先生の首から上がよく見えない。
(私)「先生っ!」
思わず肩に触れた。
(私)「いやあああああ!」
泣きながら叫んだ。なんと、先生は首を縦に物凄い勢いでふりながら私達4-3の生徒そっくりの人形を切り刻んでいたのだ。

すると、先生は首を振り続けながら私にそっくりの人形の足を引っ張った。
その時だった。私は足に激痛を感じた!引っこ抜かれるような痛み。私も思わず震えながら首を横に振りながら後ずさりした。
(私)「ひぎいいい!いたぁぁぁい!」
すると、先生は何やら呟き始めた。

(先生)「許してくれ…許してくれ…」

私はもう恐怖でものが言えない。
(先生)「許してくれ…ブツブツ」
そう言いながら近づいてくる先生を思わず殴った。
(先生)「許っ(ボクっ)……」
先生が黙ったので「先生?」と声をかけてみた。

先生がゆっくりと顔を上げる。
(私)「ぎゃあああ!」
(先生)「いつになったらっ…許すんだよっ!」
先生の顔は白目しか無く、眼球が上下右左ぐるぐる回っていた。

私は窓から学校を出て家にダッシュで帰った。
家に帰り、自分の部屋に飛び込み震えていると、(コンコン)とノックされた。
私は怖くて出られなかった。すると
「コンコン…コンコン…トントン…カンカン…ガンガン!ドンドン!」とノックの音が激しくなった。

(私)「家まで着いてこないで!このクソ教師!」
と、思わず私が暴言を吐くと最後に「ドンっ」とドアを叩き、音をさせなくなった。

そのまま夜寝るまで何も無かったが、夢の中で事件は起きた。

(夢の中)
私「ここ…学校

How about this story?

Comment(1)

これは怖い 同じすずきならウドちゃんがいいw

やもり Stories

Hot words

Short Stories

Read More
怖い話 You can get App You can get App