今までいくつも体験した話のうちの一つを投稿します。

6〜7年前の話。

当時、私は中学生でした。
私達の学校は住宅街の中にありました。学校から少し離れたところに小さめの廃病院がありました。
地元の人なら知ってる人が多いですが、その病院は心霊スポットという訳でもなければ、特に幽霊が出るとの噂話や声や足音が聞こえたり、人影を見たなんて話も聞いた事はありませんでした。
ある日、友人と放課後に残って(部活は入っていたが、行かないことがあった)話をしていると、その廃病院の話になりました。怖い話やオカルトものが好きな友人は、
「少し行ってみよう」
と言って来ました。そういったものがあまり好きではない私は断りましたが、あまりに友人がしつこく誘うので、折れてしぶしぶその病院に行く事になりました。
その「廃病院」の前まで来ると、入り口にはロープが張られ、そのロープに「許可なき者の立ち入りを禁ずる」と書かれた看板のようなものがぶら下げられていました。私達はそのロープをくぐり抜けて中へ入りました。
中は思っていた通りにボロボロで、よく病院に行った時に見かける医療器具や車椅子などがそこら辺に散乱している状態でした。
少し行くとナースステーションだったと思われる場所がありました。あまり大きな建物では無かったため、見て回るのにそこまで時間はかかりませんでした。やはり、廃病院というだけあって不気味でしたが、特に何かある訳でもありませんでした。
最後の頃、診察室と思われる部屋に入った時に、診察台の上に紙が一枚置いてありました。よく見ると、それはカルテのようでした。特に何も記入されては無かったです。ですが、そのカルテは妙にキレイでしわひとつついていなかったため、違和感を感じたのを覚えています。
「なんでこんな所に…」
私がそう言うと、友人はそのカルテを拾い、
後で話の種にするために持ち帰ると言うので、私は止めましたが、結局友人はそのカルテを持ち帰ってしまいました。
その夜、家族と夕食を食べていると電話が鳴りました。母が電話をとると、私にだと言われたので、電話を代わりました。
私「もしもし」
相手「もしもし…〇〇さん(私の下の名前)ですか?」
相手は聞き覚えの無い女性の声でした。
私「はい、そうです。どちら様でしょうか?」
相手「失礼いたしました、××病院です。至急、カルテをお返しください」
私は驚きました。××病院とは、今日行った廃病院の名前で

How about this story?

Comment(8)

xx病院ですかどこでしょうね。

イメージし易い文。 怖すぎます。

というか、普通持って帰る? 廃墟であれ窃盗じゃないか。

xx病院ですかどこでしょうね。

言わせていただきます!何が廃病院であろうと人様の持ち物を取るなー!

か○ん病院かな?

良くある話しに 話しを付け加えた感じ

ok

匿名 Stories

Hot words

Short Stories

Read More
怖い話 You can get App You can get App