“おたまじゃくし” じゃなかったの?




これは私が小学三年生の時の話です。

真夏だったので、夏休み間近だったと思います。
その頃、毎週、土曜日の夜に縁側で かき氷を
食べながら涼むのが楽しみでした。
ある土曜日の夜の事、いつもは祖母も一緒に
涼んでいたのですが、その日は祖母が見たい
特番が入るから、と私と兄の二人で かき氷を
食べていました。

すると、目の前に



“おたまじゃくし” が現れ くねくねと
泳ぎだしたのです。



大きさは大人の拳大くらいだったと
思います。

普通に考えれば、あり得ない事です。
大きさと言い、空中で泳いでいる事と言い
変だと思うのが普通だと思うのですが
私は何の疑問も持ちませんでした。

それどころか、おたまじゃくしの
尻尾を掴もうとしたのです。
なぜ、そんな事をしたのか
自分でも分からないのですが…



ところが、なかなか尻尾は掴めません。
私の目の前を左右に行ったり来たり
していて、私が掴もうとしても
驚くでもなく、逃げるわけでもなく。
なのに、一向に掴めないのです。

なんとか掴もうと私も必死に
なっていました。




兄:「桃子(私、仮名)、何してるの?」

私:「おたまじゃくし!おたまじゃくし捕まえるの!」





すると、兄は突然、走ってリビングに
行ってしまいました。
が、私はそんな事は お構いなしに
尚も必死で おたまじゃくしを掴もうと
していました。








『ピシッ』


突然、手を叩かれた私は
我に返りました。
驚いて振り返ると、私の後ろには
両親と兄と祖母が居て、厳しい表情で
私を見ていました。

私の手を叩いたのは祖母でした。



私:「なに? なに? なんか、みんな怖い…」




そして私は、仏間の部屋に連れて行かれました。


「桃子も 祖母ちゃんの後ろで手を合わせるんだよ」

そう言われて訳が分からないまま私も
祖母の後ろに座り、手を合わせました。




そして、祖母が言いました。


「あれはね、おたまじゃくしじゃないんだよ」と。


すると、兄が

「あれは、火の玉なんだぞ。桃子、連れて行かれるとこだったんだぞ」

と言いました。

私が おたまじゃくしを捕まえると
言っていると話したら、それは火の玉だと
祖母に言われたらしいのです。
(後から兄に聞いたのですが)





火の玉?…
黒いのに、火の玉?…


How about this story?

Comment(3)

やっぱり連れていこうとしたのかも。

言わせていただきますが、それは科学現象なので。

怖い〜

お母たん Stories

Hot words

Short Stories

Read More
怖い話 You can get App You can get App