みに細々と頼り、
弱りに弱ったすえでの行動だったのであろう。
未だに俺は実家に帰ると、あの駐車場を通りかかると、胸に慄然とした恐怖を覚える。
直接見たわけではない出来事。
その事よりも、大人たちが恐怖に叫び続ける、あの夏の夕方の赤い湿った時間が、
今でも胸にこびりついている。

How about this story?

Comment(2)

コピペ辞めて 読んだ話しが多い

神戸に住んでるけど初見だね。 まずジャスコが無い。山を越える必要も無い。

でんがなまんがな Stories(69)

Read More

Hot words

Short Stories

Read More
怖い話 You can get App You can get App