三日ぶりに外出した私は、初夏の陽気と風の中、気持ちよく散歩をしていた。





しかし、その異変は突然訪れた。











三日間体を動かさなかった私の体の中にある「何か」が汗ばむ陽気と心地よい風に誘われて、外出を始めたのである。



しかも、大家族で。







私は、急いで近くにあったスポーツショップに駆け込んだ。


私「すいません!! トイレ貸してください!!!」


店員「ありません。」


普段なら


「じゃあ、あなたはどこでトイレをするんですか、アイドルですか?堂本光一ですか?」


くらいは言う私だが、


そのときは、


私「分かりました!!ありとうございます!」


と忍者のように店を後にした。







忍者になった私は、体の中にある「何か」を便器という「将軍様」に手渡すため、疾風の如く走った。


その時だった。


私の目に「ゲームセンター」という看板が目に入った。


私は、


「よし! 間に合った!!」


と思った。


だがしかし、その時だった。


私の体の中にある「何か」を支えていた●門が、まるで「反抗期の中学生」のように暴れ始めたのだ。


「反抗期の中学生」となった肛●は、手負いの忍者である私にはどうすることもできなかった。













目の前が…












気付いた時には、ゲームセンターのトイレの中にいた。


途中で、高校生がカツアゲされていたような気がしたが、そんなことはどうでもよかった。


なんなら私の持っているモノを全て渡したかった。






私は、急いでズボンを下げた。


私は、パンドラの箱を開けてしまった。


もはやテロであった。


中には、「●ンコのついたパンツ」というよりも「パンツのついたウ●コ」と表現した方がふさわしいものがあった。


私は、


「大人はウン●を漏らさない」


というイギリスの「ロゼッタ・ストーン」にも書いてありそうな古代エジプト時代からの禁忌(タブー)を犯してしまったのである。


私は、しょうがなく「パンツのついた●ンコ」を脱ぎ、トイレットペーパーでウ●コからパンツを引き剥がした。


ある程度ふき取ってから、もう一度はこうとしたが、


「こんなのはくとか、国から補助金が出ても嫌じゃ、ボケ!!!」


と心が叫んだ。


私はウン●をはくのを諦めた。



How about this story?

Comment(5)

ふざけた内容、投稿先を考えて  出直すべき!

怖すぎて、怖すぎて気が狂いそうだった…

完全に禁忌を犯しとるわ

あまりに怖すぎて失禁・脱糞して気を失ってしまった。

最高だわこれ

匿名 Stories

Hot words

Short Stories

Read More
怖い話 You can get App You can get App