644: 本当にあった怖い名無し[sage] ::2008/02/02(土) 03:01:24 ID:2ig1kyEb0
体験談を書きます

友人(H)が自殺をしたときの話

高校時代からの仲で凄く良い奴だった。

明るくて楽しい事も言えて、
女子には人気が無かったが
男子には絶大なる人気を持ってる
奴だった。

高校卒業後に俺は東京の大学に行き、
彼は地元の大学へ通ったため別々になり連絡もあまりとらなくなった。

大学卒業後、
俺は東京で就職をしたが、
彼は引き篭もりになった。

彼が一切笑わなくなっていたことを、
彼の葬式の時に彼の父親に聞いて俺と友人達は驚いた。

大学で何かあったのか聞くと、
3年生になったあたりから
段々と引き篭もり始めたとの事
だった。

葬式には彼の大学時代の友人も
来て居た為、俺や友人達は彼らに
色々尋ねてみたが、
彼らもわからなかった。

ただ、3年生の9月になってから
彼らをも避けるようになったという。

色々情報を集めていると彼が
大学の2年生の2月頃に両親が
別居をし、彼の母親が家を買い、
彼と2人で住む事になったらしい。

ただ、これが原因とも思えなかった。

彼の両親の不仲は彼が高校時代から
嘆いていたし、本人が

「早く離婚しないかなー。」

とさえ言っていたのだから。

645: 本当にあった怖い名無し[sage] ::2008/02/02(土) 03:02:33 ID:2ig1kyEb0
それから三年が経ったある日、
友人のSから電話があった。

「あのさー、すっごい変な事
言うけど、信じてくれ。」



かなり神妙な感じで話を切り出す。

「あのね、
Hから着信があった・・・。」

冗談にも程がある。

Hが死んでもう既に三年。

「お前、馬鹿にすんなよ?」

流石に怒って言う。

だけどSは、

「いや、いや・・・。
三年経ってるから携帯は解約してるはずだよね?」

と涙声。

「昨日、久しぶりにG(高校時代の友人)と会って飲みに行ったのよ。

そしたら、23時ごろに携帯が鳴って見てみたらHから着信って・・・。」

SはHの携帯番号を残しておこうと思い削除していなかったらしい。

勿論俺も残してた。

ただ、それでも信じられなかった。

「お前掛け直してみたか?」

と聞いてみた。

「うん・・・。
2回

How about this story?

Comment(1)

親友の弟なら子供の頃一緒に遊んだりHの葬式でも接触があるだろうに

匿名 Stories(11)

Read More

Hot words

Short Stories

Read More
怖い話 You can get App You can get App