はじめまして。
私はバツイチで、結婚してた時の話です。
その時私は元嫁と2LDKの部屋に住んでました。子どもにも恵まれませんでしたが、
別に住んでる時には怪奇現象も無く、快適な日々でした。あえて言うと、寝室にしてた部屋が異様に寒く、真冬などは寝れないぐらいでした。
約4年住み色々有り、嫁と別れる事になり、引っ越しをする事が決まり、嫁は実家に私は1Rアパートに引っ越しする事になりました。別れたとはいえ、何故か離婚後の方が仲良くなり、ギリギリまでココで一緒に思い出話をして過ごそうと2人で決め、着々と引っ越しは進み。元嫁の大きな荷物を運ぶ為に親が手伝いに来る日の事です。嫁の弟も手伝いに来ていて、私は弟とも仲良く、弟が居酒屋を経営している事もあり、1人で飲みに行っては会社の愚痴や嫁の愚痴を言っていました。その弟が引っ越しの日、私の部屋の下の階の人とも面識が有り、立ち話をしていた時です。
下の階の人が「引っ越しされるんですねー、イヤいつも賑やかだったから、寂しくなりますねー」
弟「すみません、姉夫婦がうるさかったんでしょ?すみませんでした。」
下の階の人「いえいえ〜、いつも元気に子どもさんが走り回ってあったので、私も妻とこんな元気な子どもが欲しいっていつも話してたんですよ〜」
弟「…」
弟「イヤーすみませんでした。じゃ引っ越しが有るので、また店に来てくださいね。」
そうです。私達夫妻には子どもは居ないのです!!
私達の知らないまた見えない誰かと一緒に暮らしてました。

How about this story?

Comment(5)

そう、私たちには子供がいないのです!って言うところはいらなかったです。

んんー、こわいかな。

これ怖い?

子供の足音と女と足音ってどうやって聞き分けるの?気になるから教えて。

ネズミ

小鉄 Stories

Hot words

Short Stories

Read More
怖い話 You can get App You can get App