あの夜のことは忘れもしない。

バイクで風に当たりながら俺は高速道路を、最大速度で駆けていた。

途中、乗り継ぎで、ガソリンスタンドにも
寄ったがその時のことはよく覚えている。

少し変わった店員がいたのだ。

店員A「いらっしゃいませ (んふ)」
俺「・・・」
そいつは、店員にしてオネエだった。口調からして。

とりあえず、なるべく避けつつ給油を済ませた俺は、何事もなく、元のコースに戻った。


乗り始めてから3時間は経ったであろうか。

途中で、変な音がした。ズシャ
気にもとめずに俺は運転した。

更に、1時間後
なんだか、体の具合が悪い。
防寒着を着てるのに、やたら寒い。

気になって、高速から出ようとしたんだ。

それでバランスを崩して倒れた。

頭を打ったのか意識が朦朧とする。
救急車のサイレンや、警察官の取り調べの声が聞こえてるなか、俺は、担架に乗せられた。
なんか、右足の感覚がねぇ

病院へ運ばれてる途中に、自分の体のこと聞いたら、右足のひざから下がなく、頭を打ったらしい。

病院で、手術が終わって、落ち着いた頃に
警察官が取り調べにやってきた。
気になって、事故について詳しく聞いた。

途中でバランスを崩して倒れたらしい。
だけど、右足は、事故現場からずっと離れた場所で見つかったらしい。

どうやら
俺は右足を他の車に引っかけて、失くしたまま運転していたらしい。

事故現場につく前に事故が起きなかったことより、右足がなくなったことに驚き、

後悔した。

How about this story?

Comment(5)

右足を他の車に引っ掛けた瞬間にはバランス崩さなかったんだー 足がなくなる位だもの… 衝撃や激痛も感じなかったの? そっちの方が不思議〜

ガソスタの下いるか?

最大速度!カックイイ

幽霊とかより、こういったリアルな事が一番恐いよね!

足が当たる程に他の車に近づいちゃう奴がバイク乗ってんの? 最大速度で病院いけよ。

匿名 Stories(9)

Read More

Hot words

Short Stories

Read More
怖い話 You can get App You can get App