学生時代、同じことが繰り返される日々の中、僕は奇妙なことを体験した。

そのことについて、詳しく書こうと思います。

真冬の朝だった。目を覚まし、いつも通り学校に行き、帰りにいつもと違った道を歩いていたときのことだ。

横から視線を感じた。

そっちを見ると
灰色のコートを着た30歳くらいの男性と目があった。
その男性は私に近づいてきた。
なにかをコートの中から取り出すと
「これを預かってもらえないか」と私の胸の前に差し出してきた。

思わず逃げ出そうかと思ったが、その物からする、なつかしい匂いにつられて私はしぶしぶ受け取ってしまった。

それを近くで見てみると、まるで、干し柿のようだった。
なんだか、シワがあってグミと豆腐を混ぜたような柔らかさだった。
顔をあげて
「いつまで預かればいいの?」
そう私が聞こうと思ったときには、彼はいつの間にか消えていた。

このモノの正体と灰色の男性を不思議に思いながら、私は家に帰りそれを引き出しのなかにしまった。

その日の夜、2度寝したあと、また目を覚ました。
時計を見ると、午前4時。
そーいえば、あの変な人からもらったモノは何だったのだろう。

今思えばあんなモノは受け取らなければよかったと思う。

しかし、そのときの僕は好奇心から、それに鼻を近づけてしまった。

やんわりとした落ち着く匂いだった。

気になったんだ。

更に、鼻をそれに近づけると

パチンッと
平手を打ったような音がした。

目を開けてみると、左側の目から細いものが垂れていた。

驚きを隠せないまま、私は直感で、これは抜いたらヤバイと
感じました。


そうして私は現在まで、その糸に触れずに過ごしてきました。
仕事に行くときなども抜けないよう細心の注意を払って・・

How about this story?

Comment(3)

それってもしかして目と脳を繋ぐ神経では…

ほっしゃん。…?

どゆこと?

匿名 Stories(9)

Read More

Hot words

Short Stories

Read More
怖い話 You can get App You can get App