私が子供の頃の不思議な話。
もう30年以上も昔の事ですが、私の母親は4つの時に病死したので、父方の祖父母の家で育てられました。
裏に大家さんが住む、古い二階建ての一軒家なのですが、台所に階段下の押し入れがあったのです。
そこには洗濯機がしまってあって、使うときに引っ張り出していました。
普段は襖で隠してあるのですが…
たまにその襖に大きな蜘蛛が現れるのです。
横幅は襖いっぱい、縦は横より少し長い位の、大きな蜘蛛が張り付いてるのです。
初めて見た時は本当にびっくりしました!
おばあちゃんに蜘蛛がいるよ!と言っても祖母は大して驚きもせず、蜘蛛は神様の使いだから、殺しちゃダメよ、そのうち居なくなるからほっときなさい…と言うだけ。
あんなに大きな蜘蛛が何処から現れたのだろう?
怖くて触れないけど、じーっと観察していても、蜘蛛はピクリとも動かないのです。
そして祖母の言う通り、いつの間にやら消えていました。
その後も何度かその蜘蛛はいつの間にか現れ、消えてしまうのです。
不思議なのは、私は一度もその蜘蛛が動いてるところを見たことがなかった事。
あれは神の使いか、死者の魂が蜘蛛の姿になって現れたものなのでしょうか?

同じような体験、もしくは話を聞いたことがある方、いらしたらコメお願いします。

通常版で読む