ある町にしんじという男の子がいました。

しんちゃんと呼ばれていたそうです。

その一年後、しんちゃんの弟が生まれました。

両親は、弟だけ可愛がっていたんです。

それを見ていたしんちゃんは、はらがたちました。

その3日後、弟が川に落ちてしまいました。

それを見ていたしんちゃんは、
このままほっとけば、弟は死ぬだろうと思ってしまい、弟はそのまま死んでしまいました。

弟が死んでから、しんちゃんは、空から弟の声がしているなと感じました。

しんちゃん前 とあるひのことです、しんちゃんがぼーっとしながら、学校にいっていると、その通学路の信号が赤になったところを通りかけました。

そしたら、しんちゃんの目の前に、トラックが勢いよく通って、
しんちゃんは、死んだと思いますか?いいえ!
死ななかったのは、弟が、しんちゃん前といってくれたので、しんちゃんは、助かりました!

しんちゃんは、そこで、大泣きして、ありがとう!ゴメンねとてんの弟に言いました。
いや、でもよく聞いてみたら、

し・ん・じ・ま・え

死んじまえ!

と、いっていたのです。

通常版で読む