私は目を覚ます。

今朝、不思議な夢を見た。

けど内容は思い出せない。

私は用もないのに玄関先に向かった。

見知らぬ男が入って来た。

男「先ほどは失礼 致しました」

私「どちら様ですか?」

男「お詫びに 夢幻 を持って参りました」

私「むげん?」

男「思い出せない夢を再び見ることができる薬です。ただし、副作用もありますのでお気を付け下さい」

私「わかりました」

男「いいえ、あなたは何も わかっておりませんよ」

なんのことだろう?

今朝の夢が気になった私は、とりあえず薬を飲んでみた。

めまいがする。

副作用だろうか?

男はケタケタと不気味に笑い始めた。

気持ち悪くなった私は、部屋に戻って休むことにした。

何かを忘れてる気がする。

どうしても思い出せない。

私は再び眠りについた。

通常版で読む