エレベーターにまつわる怖い話といえば一般的に心霊現象でしょう。ところが私の知人はちょっと違った形で恐怖を味わう羽目になった。

マンションの上層階に住む彼は毎朝5時には家を出る。この時間帯は住人と会うことも無くエレベーターに乗れるという。もともと相乗りが嫌いな奴で必ずエレベーターが止まっているのを確認してからボタンを押すらしい。

ある日、いつもの様にエレベーターを呼び出して1階へ向かう。 
5... 4... 3... 2..ピンポ~ン
無愛想なおばさんが乗ってきた。
挨拶したが無視された。
手にしたゴミ袋からは強烈なニオイ...

(階段使えよ! クソババァ!!)

心の中で叫びドアが開いた瞬間に外へ飛び出した。早朝からろくでもない思いをさせられた訳だが、彼の試練はこれで終わらない。

次の日またゴミ袋ババァと遭遇、その次の日も...

いい加減イヤになった彼はいつもより早く家を出ることにした。しかしまたしてもババァが乗り込んでくる。次の日は時間を遅らせてみた。でもババァ... ゴミの強烈なニオイと共に。

(クソッ 何なんだ一体)

次の日彼は無人のエレベーターを下に仕向けてみた。階数ランプを見ていると案の定2階で止まる。

(ざま~みろ お前と相乗りなんてまっぴらだ バ~カ)

してやったりでエレベーターを呼び意気揚々と下に向かった。その刹那...


2階で止まる  ババァ登場


(固まる)


乗らなかったのだ

オレがいなかったから


ノイローゼになった彼はもう階段で降りるしか方法がなかった。重い足取りで1歩1歩下に降りてゆく。2階の踊り場から気付かれない様そ~っとエレベーターホールを覗いてみたら ...いた!!
エレベーターの前で立っている。
そしてあることに気付いた。


呼び出しボタン押してない




オレを待っている




彼は今、引っ越し先を懸命に探している


哀れ...               




 

通常版で読む