あまり怖くはないかと思いますので、あしからず。ついこの間の事です。今年の4月に九州に引っ越した友人から連絡がありました。
「半年経って暮らしに慣れてきた」とか「此方は変わりないか」など、他愛のない話を久しぶりにしました。
そして、そろそろお開きにしようかという矢先の事でした。

友「そうそう、そういえば俺の借りてる部屋さ、でるんだよ。」

僕「出るって、なにが?」

友「幽霊だよ、幽霊!と言っても、声が聞こえるだけなんだけどな」

僕「マジか!気味悪いね」

友「いや、それがさ、寧ろ笑えるんだよ」

僕「?どういう事?」

友「うーむ何ていうか・・・鳥?」

僕「はい?」

友「いや、お前今度の長期休暇にこっち来いよ。実際聞いてみたほうが早い」

そんな都合よく幽霊なんぞに出くわす訳は無いと思いましたが、九州旅行も悪くないと考え、結局行くことにしました。
そして当日、友人に色々と案内してもらった後、友人宅にお邪魔させていただきました。わいのわいのと盛り上がって午前0時就寝。

午前2時のことです
友「おい、起きろ(小声)」

僕「?何?」

安眠妨害(友)「ほら、聞こえるだろ?」

確かに何か聞こえます。それも、壁の方から。甲高い、しわがれた・・・鳴き声?
いや、よく聞くと人の声の様でした。

僕「隣の人?」

友「いや、ここ角部屋だから、壁の向こうは外だよ。この声、鳥みたいだよな」

友人の言う通り、鳥の声真似の様ですが何か違う、そんな気がしました。もう一度よく聞いてみると、

コケケ〜 コケケ〜

こけけぇ こけけぇ

「こけけぇ」
声の主はそう言っていました。

暫くして声も止み、静寂が戻ってきました。

翌朝、どうやらあの声は友人の部屋でのみ聞こえるらしい、という事を聞きました。他の住人には聞こえていないそうです。

友人「それにしても笑えるよな、ニワトリかよw」

そう言って笑う友人に、自分はどうにか愛想笑いを浮かべるだけでした。だって、







確か「こけけぇ」てこの辺の方言で、
「こっちに来い」て意味だったよなぁ

通常版で読む