1999年12月、栃木県のある山林で男性の異様な遺体が発見された。
 解剖の結果、絞殺されていた。異様と言ったのは、遺体表皮の約80%強が重度(三度)の火傷で覆われていたことである。さらに陰毛は剃られ、陰茎の先端にまで重度の火傷は及んでいた。肝細胞は一部変質し、あきらかに循環器不全の症状を呈していたという。
 調査の結果、被害者は日産自動車栃木工場に勤めていたZさん(当時19歳)であることが判明する。
 彼がリンチを受け殺害されるまでの2ヶ月間に、Zさんの両親は16回も警察に「息子が犯罪に巻き込まれた可能性がある」と訴えていた。
 にも関わらずの、この結果であった。

 被害者にこれほどまでの凄惨なリンチをくわえたのは、被害者少年の中学時代の同級生3人である。
 なお主犯Aの父親は栃木県警所属の警部補であり、このことは長くマスコミからの批判を浴びた。
 黒木昭雄著『栃木リンチ殺人事件』では、主犯A、準主犯B、Cのことをこう書きあらわしている。「A=狡猾な小心者」、「B=甘やかされたお坊ちゃん」、「C=付和雷同タイプ」。なお主犯Aもややエキセントリックな母親と、祖母にべったり甘やかされて育ったようである。
 もともとはB、CともにAに搾取される側であり、背後にヤクザがいることを匂わせるAに逆らえず言うなりに消費者金融で金を借りて渡していたのだ。しかしCが同じ職場で同級生のZさんを「身代わりのいけにえ」に差し出したことで、彼ら3人は一瞬にして共犯者となった。
 ちなみにCがZさんを選んだ理由は、ただ
「まじめそうで、おとなしかったから……」
 だけだという。
 1999年9月、Cの呼び出しに応じたZさんは「ヤクザの車にぶつけてしまい、修理代を要求された。金を貸してくれ」というCの嘘を信じ、預金をおろして彼に渡した。死後、Zさんの友人が口を揃えて証言したところによると、
「人に頼まれるといやとは言えないお人よし」
「自分よりいつも他人優先し、金にまったく執着のない、虫一匹殺せない男だった」
 そうだ。Zさんは同僚Cの窮状をほうっておけなかったのだろう。
 主犯Aは一目でZさんの資質を見抜き「いいカモ」、「いい金づる」であると判断した。そしてZさんはこれから、2ヶ月半にもわたって彼らに連れまわされることとなるのである。主犯Aは会ったその日のうちに「俺は美容師だ」などと言ってZさんの髪をめちゃくちゃに切り、しまいには3人が

通常版で読む