これは私の友人から聞いた話です。

友人は、貧乏でした。
こんな事、あまり言えないんですけど。
そして友人は学校でも物静かでいつも一人でいました。
ある日の事です。
友人が一人で夕方の商店街を歩いていると、
1万円が落ちていました。
友人はラッキーと思い拾いました。
親には内緒で。
その次の日、友人は欲しいものを買おうとするとどこからか子供の声がしました。
それも一人ではなく複数人の子供の声です。
【使わないほうがいいよ。使ったら死ぬんだよ】と言う声が聞こえました。
ですがそんな事無視をして使ってしまいました。
その何年後かに友人は20歳になりました。
お金も食べていけるほどになりました。
ある日、1万円が落ちていました。
すると昔の事を思い出し
耳をすますと【使ったら死ぬんだよ】
と聞こえてきました。
その時は拾いませんでした。
その翌日、仕事に向かう途中、3人の子供に会いました。その子供はやっと会えたねと気味の悪い事を言いました。
そのあと、トイレで排便をしたあと仕事に向かうとマンションの三階に会社があるのですがそのマンションの入り口で救急車が止まっていました。
訳を聞くと3人の子供が車にひかれそうだった所を助けたところひかれて死んでしまったそうです。
私が、排便をしていなかったら友人は死んでいたのでしょうか。

通常版で読む